[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ史上最多6枚のレッドカードが出ているのか 決勝T進出国に求められる新規定の対応

ニュージーランドのハンセンHCは新規定を全面支持も懸念が…

 コンタクトが多いスポーツだけに、ルールは主に選手の安全を守るために存在する。ハイタックルやショルダーチャージは、それを受ける側はもちろん、タックルをする側にも大きな危険をもたらすという。WRの調査によると、ハイタックルをした場合、タックルをした選手は安全なタックルよりも4倍高い確率で頭部を負傷する可能性があるという。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 今大会、ここまでレッドカードはなく、イエローカードを2枚受けているニュージーランド代表のスティーブ・ハンセン・ヘッドコーチ(HC)は7日の会見で、新たな規定を支持しながらも「相手が低い体勢になった時のタックルが非常に難しい。いろいろ対策を立てて練習をしているが、ようやく対応できるようになってきたところだ」と、対応に苦労していることを明かした。同時に、決勝トーナメントで行われる一発勝負の試合ではレッドカードが勝敗を左右する可能性も「あるだろう」と示唆している。

 実際に1次リーグでも、南アフリカ対イタリアやイングランド対アルゼンチンなど、レッドカードが出た途端に勝敗が決してしまった試合もある。世界最強を決める舞台だからこそ、プレーをする選手たちはもちろん、試合を観る誰もが納得のいく形で勝敗を決したいところ。決勝トーナメントではレッドカードが勝負の行方を決めることがないように、出場チームは新規定を再確認しておきたいところだ。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集