[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロケッツ名手が親日家を告白 謎の“日本語ツイート”のワケは「僕は高校時代に…」

米プロバスケットボール(NBA)のプレシーズンゲームが8日、さいたまスーパーアリーナで行われ、昨季王者のトロント・ラプターズがヒューストン・ロケッツを134-129で下した。16年ぶりの日本開催試合で親日家を告白した名手がいた。

親日家を告白したロケッツのエリック・ゴードン【写真:編集部】
親日家を告白したロケッツのエリック・ゴードン【写真:編集部】

日本開催のラプターズ戦で12得点と躍動、ツイッター上の“謎の日本語”も話題に

 米プロバスケットボール(NBA)のプレシーズンゲームが8日、さいたまスーパーアリーナで行われ、昨季王者のトロント・ラプターズがヒューストン・ロケッツを134-129で下した。16年ぶりの日本開催試合で親日家を告白した名手がいた。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 17年にシックスマン賞を獲得したロケッツのガード、エリック・ゴードンはこの日先発。12得点、1リバウンド、4アシストと躍動し、超満員の観衆を沸かせたが、実はこの試合を前に、ゴードンは自身のツイッターで日本語でつぶやき、ファンを騒然とさせていた。

 9月29日に「日本に行くのが待ちきれないわ。私はそこに2つのゲームを持っていることを非常に興奮しています。待てない」と女性のような口調でツイートすると、今月5日には「東京はここに来る」と謎のメッセージを発信。そして、試合前には「ゲームタイム」といずれもロケットの絵文字5連発と共に発信していた。

 日本語ツイートの真意はなんだったのか――。試合後にゴードンはその理由を告白した。

「僕は高校時代に1年間、日本語を学びました。今日はその先生も来てくれたんですよ。彼女がやり方を教えてくれたのです」

 インディアナポリス出身の名手はノース・セントラル高校時代に日本語を学んでいたという。数々ある外国語から日本語を自分の意思で選んだという。「みんなスペイン語とかだったので、僕は違う日本語を選びたかったんだ」と笑顔で明かしたゴードン。NBAでは漢字のタトゥーを入れる選手が多いが、「僕はタトゥーは入れません。1個も入れてません」と自らの流儀も紹介した。

 自身3度目の来日で日本文化を堪能しているというゴードン。新シーズンの活躍に大いに注目したい。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集