[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コンバージョン成功8/8 オールブラックス完勝の立役者の“もう一つの顔”とは

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、世界ランク1位のニュージーランドが同22位のカナダを63-0と完勝した。この日はバレット3兄弟のスタメン出場&全員トライ、途中出場のFLサベアのW杯史上初のゴーグル着用など、様々な話題があった試合となったが、その中でプレーヤー・オブ・ザ・マッチに輝いたのはSOリッチー・モウンガだった。

ニュージーランド・オールブラックスのリッチー・モウンガ【写真:石倉愛子】
ニュージーランド・オールブラックスのリッチー・モウンガ【写真:石倉愛子】

プレーヤー・オブ・ザ・マッチのSOモウンガ、右足で16点稼ぐ

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、世界ランク1位のニュージーランドが同22位のカナダを63-0と完勝した。この日はバレット3兄弟のスタメン出場&全員トライ、途中出場のFLサベアのW杯史上初のゴーグル着用など、様々な話題があった試合となったが、その中でプレーヤー・オブ・ザ・マッチに輝いたのはSOリッチー・モウンガだった。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 25歳のモウンガは初戦の南アフリカ戦に続き、2戦連続のスタメン出場。オールブラックス初キャップは昨年のことだが、司令塔とも呼ばれるSOのポジションをがっちり掴んだ。この日も前半8分にゴール前から巧みなキックパスを右サイドライン際に蹴り出し、バレット3兄弟による1つ目のトライ、WTBジョーディーのトライをアシスト。さらに、プレースキッカーも務めるモウンガは、8度のコンバージョンキックを8度とも成功。点差が開き、ややもすると気が緩みがちにもなるが、「そうなりかねない状況だったけれど、集中力を高めることは常に意識していた」と、決して容易くない位置からのキックもゴールポストの合間をくぐらせた。

 その右足で16点を稼ぎ出し、プレーヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれても「自分が選ばれたことはとてもうれしい。でも、これはチームで得た勝利。チームとして機能しなければ、僕もこの賞をもらうことはできなかった」と、どこまでも謙虚だ。

 ニュージーランドのクライストチャーチで生まれ、カンタベリー大学に通った。176センチ、83キロとラグビー選手としては小柄な体格。それでも正確無比なキックと当たり負けしない体の強さを発揮。カンタベリー州代表やバーバリアンズに参加したり、スーパーラグビーのクルセイダーズでは3連覇に貢献する選手となった。ミュージシャンとしての側面も持ち、オールブラックス公式インスタグラムでは、来日してからの束の間に、モウンガがピアノを演奏する動画も紹介されている。身に備わったリズム感もまた、モウンガのゲームメーク能力をさらに一段引き上げているのかもしれない。

 タレント揃いのオールブラックスだが、彼らがチームとして機能し、一つの大きな脅威となるように操る司令塔の動きは、この先もしっかり注目しておきたい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集