[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、復活Vは“大会中の緩急”が鍵 強化本部長称賛「ジョコビッチの勝ち方」

コーチ2度変更も「財産」、土橋氏「No.1に上がっていくきっかけになる」

 2月にコーチだったサーシャ・バイン氏を解任し、米国テニス協会のナショナルコーチだったジャーメイン・ジェンキンス氏と契約。しかし、全仏オープンは3回戦で、ウィンブルドンは1回戦で、連覇を狙った全米オープンも4回戦で敗れた。「何かリセットしたいものがあった」と今月13日にジェンキンス氏との契約解消を発表。今大会から父のレオナルド・フランソワ氏がサポートしている。一見すれば、短期間のコーチ変更はマイナスに捉えられるが、土橋氏は複数のコーチに指導を受けたことが良かったとみる。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

「様々なコーチが今までいたけど、そのコーチたちがなおみの強み、課題はどこかを見て、アプローチしてきた。プティンツェワには、前は散々にやられたけど、最後は対応しきっていた。あれも練習もやってきたから。今日の最後のドロップショットの処理は『ジョコビッチか!』って思うほどだった。そうやって成長できている。ボレーだってもう弱点だなんて言えない。強みになっている。課題が強み変わりつつある」

 ドロップショットの頻度が減った。やるべきことに集中し、各ショットの技術レベルが上がってきた。「ベースを守って、ストロークをしっかりやろうという気持ちになって、それ(ドロップショット)を選択していない。でも、ドロップショットが必ず生きる時もある。ボレーもかなりレベルが上がっている。ジェンキンスさんとの時間も凄く財産になっている」と関係解消という結果になったが、無駄な時間ではなかったことを強調した。

 1月の全豪オープン以降は低迷したが、盤石の強さを見せて復活V。それが生まれ故郷の大阪であることが格別なものだった。「彼女がまたナンバーワンを目指しているのかはわからないけど、そういう位置に上がっていくきっかけになる大事な試合。今までの試合とは違う重要なもの」と土橋氏。一皮むけた大坂がさらなる飛躍を期待させた。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集