[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 卓球ブルガリアOP、女子単決勝は石川佳純vs伊藤美誠 今季初優勝を手にするのは?

卓球ブルガリアOP、女子単決勝は石川佳純vs伊藤美誠 今季初優勝を手にするのは?

卓球のブルガリアオープン(パナギュリシテ)は、19日に男女シングルスの準々決勝・準決勝、ダブルスの準決勝が行われた。女子ではシングルス世界ランキング7位の石川佳純(全農)、同11位の伊藤美誠(スターツSC)がそれぞれ日本人対決を制し、決勝に進出。男子も世界ランク16位の松平健太(木下グループ)が、上田仁(協和発酵キリン)、田添健汰(専修大)を破って決勝に駒を進めた。

男子単は松平健太が決勝進出、16年オーストラリアOP以来のツアー優勝へ

 卓球のブルガリアオープン(パナギュリシテ)は、19日に男女シングルスの準々決勝・準決勝、ダブルスの準決勝が行われた。女子ではシングルス世界ランキング7位の石川佳純(全農)、同11位の伊藤美誠(スターツSC)がそれぞれ日本人対決を制し、決勝に進出。男子も世界ランク16位の松平健太(木下グループ)が、上田仁(協和発酵キリン)、田添健汰(専修大)を破って決勝に駒を進めた。

 日本勢がベスト8を独占した女子シングルスは、石川が準々決勝で笹尾明日香(横浜隼人高)を4-0、準決勝で加藤美優(日本ペイントホールディングス)を4-2で撃破。伊藤も準々決勝で森さくら(日本生命)に4-0、準決勝で橋本帆乃香(ミキハウス)に4-1で勝利。決勝のカードは「石川vs伊藤」となった。どちらが勝っても、今季のITTFワールドツアー初優勝となる。

 一方の男子シングルスは、松平健太が準々決勝で上田に4-1で勝利。準決勝でも、松平賢二(協和発酵キリン)との死闘を制して勝ち上がってきた田添を4-1で下して決勝に進出。2016年のオーストリアオープン以来となるITTFワールドツアー・シングルス優勝を懸けて、世界ランク4位のドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)と対戦する。

 ダブルスでも、男子の吉村真晴(名古屋ダイハツ)・上田組、女子の石川・伊藤組が決勝に進出した。大会は20日に最終日を迎える。

 大会3日目の結果は以下の通り。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー