[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、屈辱の4連敗 八村&篠山不在でNZに歴代最多111失点で大敗 初の大会0勝の危機

バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で1次リーグ3戦全敗となった世界ランク48位の日本は7日、同38位・ニュージーランドとの順位決定戦(東莞・東莞藍球中心)を行い、81-111で敗れた。NBAウィザーズの八村塁が膝の不調と疲労、主将のPG篠山竜青が左第1趾末節骨骨折で残り試合を欠場。10人で戦ったが、W杯初の開幕4連敗となった。前回大会のスペイン戦(104失点)を上回

渡邊雄太【写真:Getty Images】
渡邊雄太【写真:Getty Images】

ファジーカス奮闘も守備崩壊、1大会4連敗は56年ぶり

 バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で1次リーグ3戦全敗となった世界ランク48位の日本は7日、同38位・ニュージーランドとの順位決定戦(東莞・東莞藍球中心)を行い、81-111で敗れた。NBAウィザーズの八村塁が膝の不調と疲労、主将のPG篠山竜青が左第1趾末節骨骨折で残り試合を欠場。10人で戦ったが、W杯初の開幕4連敗となった。前回大会のスペイン戦(104失点)を上回り、大会史上最多失点の惨敗を喫した。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 エースと主将を欠く中、比江島慎、渡邊雄太、馬場雄大、ファジーカス・ニック、田中大貴が先発。試合前にはニュージーランド伝統の「ハカ」が日本選手の前で披露され、幕を開けた。

 第1クォーター(Q)開始19秒、課題にしていた3ポイントを決められ先制を許す。米国戦で孤軍奮闘の18得点を挙げた馬場雄大の3ポイントなどで序盤はシーソーゲームを展開したが、相手の遠距離砲に苦戦し12-22の残り5分4秒でたまらずタイムアウトを取った。その後は攻撃の核を担うファジーカスが第1Qだけで17得点。課題だった3ポイントも相手と同じ5本を沈め、29-29に追いついて第1Qを終えた。

 しかし、第2Qの序盤にファジーカスを下げると、得点を奪えない。リバウンドでも優位に立てず、29-37の残り7分30秒にタイムアウト。以降も徐々に点差を広げられ、復帰したファジーカスは前半だけで24得点を奪ったが、39-55で前半を折り返した。

 第3Qも相手に3ポイントを打たれ、点差は広がっていく。渡邊や比江島が果敢なドライブでファウルをもらい、フリースローを決めていくが、61-82で最終Qに突入。八村と篠山の欠場で「自分がもっとしっかりしなきゃいけない」と話していた渡邊もなんとか追い上げようと体を張ったが、30本以上の3ポイントを打たれる大量失点で敗れた。

 8月の強化試合4戦で108得点、W杯1次リーグ3戦で40得点の八村の存在は大きかった。NBAの新シーズンを見据えた苦渋の決断。馬場によると、チームに「申し訳なかった。力を一つに頑張っていきましょう」と言葉を述べたという。強いリーダーシップを発揮してきた篠山は、この日の試合前のウォーミングアップでも声を張り上げ、選手たちとハイタッチを繰り返してチームを鼓舞。まさにスローガンとする「日本一丸」で挑んだが、今大会初勝利には届かなかった。

 ニュージーランドは日本との強化試合2戦目で3ポイントシュートを13本沈めた通り、今大会3試合で12本、11本、12本を成功させ、一つの強みとしてきた。NBA選手はいないが、まとまったチーム。ラマス監督は「3ポイントシュートをもちろん警戒して、そこを抑えれば勝機がある。そこのディフェンスが凄く重要になってくる」と警戒していたが、止められなかった。

 日本のW杯1大会4連敗は、初出場した1963年ブラジル大会で5連敗して以来56年ぶり。順位決定戦は2次リーグに進出できなかった16か国が、4グループに分かれ、2試合で17位から32位を決定する。1次リーグの勝ち点を引き継ぎ、1度対戦した国とは戦わない。9日には世界ランク28位のモンテネグロと対戦し、W杯9連敗中の欧州勢に対し初勝利を目指す。

 【日本のW杯全成績】

■1963年(ブラジル)13位
日本●65-86プエルトリコ
日本●63-95ユーゴスラビア
日本○70-50ペルー
日本●63-79ウルグアイ
日本●85-103アルゼンチン
日本●70-71メキシコ
日本●85-95ペルー
日本●74-78カナダ

■1967年(ウルグアイ)11位
日本●63-69アルゼンチン
日本●56-95ソ連
日本●58-81ペルー
日本○86-79プエルトリコ
日本●57-74イタリア
日本○80-55パラグアイ
日本●54-69メキシコ
日本●50-67ペルー

■1998年(ギリシャ)14位
日本●58-83ロシア
日本●57-78プエルトリコ
日本●54-99ユーゴスラビア
日本○60-55セネガル
日本●60-70ナイジェリア

■2006年(日本)17位
日本●70-81ドイツ
日本●62-87アンゴラ
日本○78-61パナマ
日本●57-60ニュージーランド
日本●55-104スペイン

■2019年(中国)
日本●67-86トルコ
日本●76-89チェコ
日本●45-98米国

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集