[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“美しすぎる柔道家”ビロディド、対戦相手に謝罪も… 称賛を集める理由とは

8月の柔道の世界選手権、女子48キロ級で金メダルに輝いたダリア・ビロディド(ウクライナ)。モデルとしても活躍し、SNSで話題を呼んでいる18歳の“美しすぎる柔道家”はインスタグラムを更新し、世界選手権で起きたある騒動について謝罪している。

2連覇を達成したダリア・ビロディド【写真:Getty Images】
2連覇を達成したダリア・ビロディド【写真:Getty Images】

世界選手権で金メダルのビロディド、髪を掴んでしまった相手に謝罪

 8月の柔道の世界選手権、女子48キロ級で金メダルに輝いたダリア・ビロディド(ウクライナ)。モデルとしても活躍し、SNSで話題を呼んでいる18歳の“美しすぎる柔道家”はインスタグラムを更新し、世界選手権で起きたある騒動について謝罪している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 決勝で渡名喜風南(パーク24)を破り、2連覇を達成したビロディド。172センチの長身で、実際にモデルとしても活躍。インスタグラムのフォロワーは20万人を超えるなど、実力と美貌を兼ね備えた柔道家として一躍脚光を浴びる存在となった。

 一方で、あるシーンについてビロディドは心を痛めていたようだ。アベレンダ・ラウラ・マルティネス(スペイン)と3回戦で対戦。一本勝ちしたが、髪の毛を掴みながら倒してしまった。これについて、ビロディドはインスタグラムに謝罪の意思をつづっている。

「相手に敬意を払うことは、アスリートとして最も重要な資質のひとつです。世界選手権でのスペイン人選手との試合で、彼女の髪の毛を2度掴んでしまった。卑劣で、酷く見えたと思います。どうして起こってしまったのかは、分かりません。試合中には気が付きませんでした。でも大会後に映像を見ました。

 私のキャリアを通じて、このようなことはなく、卑劣な試合を見せたこともありません。この出来事に関しては、何度か謝罪をしてはいますが、未だに恥ずかしく思います。このようなことを決して起こしてはいけないと思います。勝敗やライバル関係、勝利への欲求に関わらず、私はすべての対戦相手に敬意を払います。私たちには間違いを起こす権利があります。でも一番重要なことは、常に思いやりを持ち、敬意を失わないことです」

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集