[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、咆哮ダンクは「お客さんも見たいと思うので」 強豪に惜敗も手応え十分

バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は22日、W杯(中国)に向けた同5位・アルゼンチンとの強化試合(午後7時試合開始・さいたまスーパーアリーナ)を行い、米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は先発出場。開始55秒で豪快ダンクを炸裂させて絶叫するなど両軍最多23得点、7リバウンドだった。日本は93-108で惜敗したが、W杯に向けて期待の高まる内容となった。

八村塁【写真:荒川祐史】
八村塁【写真:荒川祐史】

両軍最多の23得点で1万6000超の大観衆沸かせる

 バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は22日、W杯(中国)に向けた同5位・アルゼンチンとの強化試合(午後7時試合開始・さいたまスーパーアリーナ)を行い、米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は先発出場。開始55秒で豪快ダンクを炸裂させて絶叫するなど両軍最多23得点、7リバウンドだった。日本は93-108で惜敗したが、W杯に向けて期待の高まる内容となった。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 八村がさいたまスーパーアリーナに集まった1万6211人のファンを沸かせた。第1クォーター(Q)開始11秒。ゴール下でボールを受けてすぐさま得点すると、お次は豪快なワンハンドダンクをお見舞いした。背番号8はゴール下で絶叫。わずか55秒で別格の存在感を発揮した。

「お客さんもダンクを見たいと思うので、見せられて良かったです」と堂々と振り返った8番。両軍最多の23得点で、敗れはしたものの観衆を魅了した。

 八村が日本代表として戦った7か国では過去最強の相手。前半の入りはよく、途中一度は話されたが、食らいつき再びリードを奪う場面もあった。最後は離されたが、W杯へ向けて手応えを掴む内容だった。

「アルゼンチンも世界の中でも強豪で僕らも楽しみにしていた。こういうふうにできて、負けてしまったが、いい部分もありましたし、これから修正してやりたい」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集