[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タカマツ、苦手の世界選手権を逆手に 平常心を強調「まずは一戦一戦楽しんで」

東京五輪に弾みをつけるメダルラッシュなるか、バドミントン日本代表が世界選手権(19日開幕、スイス)に臨む。日本代表は、15日に開催地バーゼルに到着。16日の初練習に続き、17日も会場となるセント・ヤコブホールで公式練習を行った。女子ダブルスに出場する高橋礼華(日本ユニシス)は「体育館が大きいので、球の飛び具合などを調整しながら、練習できた」と話し、ペアを組む松友美佐紀も「ライトも雰囲気がある感じで、外から見ても格好良い。試合ができるのが楽しみ」と、それぞれ感触を確かめていた。

公式練習で感触を確かめた松友と高橋【写真:平野貴也】
公式練習で感触を確かめた松友と高橋【写真:平野貴也】

21日の初戦へ公式練習、感触を確認…高橋「欲を出さずにやっていきたい」

 東京五輪に弾みをつけるメダルラッシュなるか、バドミントン日本代表が世界選手権(19日開幕、スイス)に臨む。日本代表は、15日に開催地バーゼルに到着。16日の初練習に続き、17日も会場となるセント・ヤコブホールで公式練習を行った。女子ダブルスに出場する高橋礼華(日本ユニシス)は「体育館が大きいので、球の飛び具合などを調整しながら、練習できた」と話し、ペアを組む松友美佐紀も「ライトも雰囲気がある感じで、外から見ても格好良い。試合ができるのが楽しみ」と、それぞれ感触を確かめていた。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 今年の世界選手権は、とても重要だ。五輪レースの中で最も高いランキングポイントが設定されている。女子ダブルスは、現在の世界ランクで1~3位を占めているが、五輪には最大2組しか出場できないため、出場権争いがし烈。今大会は、日本勢の成績争いが一つの注目点となる。だが、高橋、松友は、これまで世界選手権であまり良い手応えを得ていない。過去に6回出場し、リオ五輪で金メダルを獲得した翌年の17年こそベスト4で銅メダルを獲得しているが、そのほかはベスト8入りを逃している。昨年も当時は日本の4番手で繰り上げ出場だった松本麻佑、永原和可那(北都銀行)に敗れて3回戦敗退。優勝した松本、永原ら出場した4組中3組が表彰台に上がったが、1組だけ早期敗退の悔しさを味わった。

 しかし、高橋は「(五輪レースで)1番ポイントが高いし、勝っていけたらとは思うけど、欲を出さずにやっていきたい。昨年は2試合目で負けているので、気負うことなくできるのが良い。ほかの日本のペアは、メダルを取っていてプレッシャーがあると思うけど、自分たちは(世界選手権では)全然勝てていなくて、昨年より1試合でも多くできたら良いという気持ちが強い」と、今大会の意味合いを理解しながらも、肩ひじを張らずに臨む姿勢を示した。世界選手権では勝てない……これまで味わってきた苦しみを、逆手に取る考えだ。松友も「(世界選手権の)勝ち方なんて存在しないと思うので、まずは、一戦一戦楽しんでやりたい。世界選手権だからということではなく、自分たちのプレーをいつも通りに出して、次につながるようにしたい」と平常心を強調した。

 重要性は、百も承知。勝ちたいのは、当たり前だ。ただし、五輪連覇という大目標を果たすために大事なことは、一喜一憂ではない。大舞台こそ慌てず、動じずに乗り越えて、強さを増していかなければならない。松友は「時間もまだある。試合で最高のプレーをたくさん出せるように、準備をしたい」と落ち着いた表情で話した。今大会に第3シードで出場する高橋、松友の初戦は、21日。苦手意識を逆手に取り、リオ五輪の女王は、ノープレッシャーで躍進を目指す。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集