[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ティアフォー後ろ!後ろ! 笑撃の“早すぎたポイント確信”に海外騒然「面白すぎ!」

現在、熱戦が繰り広げられている男子テニスのシティ・オープンで信じられないような珍事が起きた。激しいラリーの応酬の末にボレーを決めたと確信し、相手に背を向けたが、直後に返され、ポイントを献上。地元ファンも頭を抱えた“早すぎたポイント確信”の瞬間をATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで公開し、「面白すぎる!」「信じられない」「決して敵に背中を見せるな!」と話題を集めている。

フランシス・ティアフォー【写真:Getty Images】
フランシス・ティアフォー【写真:Getty Images】

ポイントを確信、背を向けた直後に返される…地元ファンも悲鳴「信じられない」

 現在、熱戦が繰り広げられている男子テニスのシティ・オープンで信じられないような珍事が起きた。激しいラリーの応酬の末にボレーを決めたと確信し、相手に背を向けたが、直後に返され、ポイントを献上。地元ファンも頭を抱えた“早すぎたポイント確信”の瞬間をATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで公開し、「面白すぎる!」「信じられない」「決して敵に背中を見せるな!」と話題を集めている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 ラリーは最後まで気を抜いてはいけない。そんな教訓を与えてくれるようなプレーを演じてしまったのは、世界ランク40位の21歳フランシス・ティアフォー(米国)だ。1日(日本時間2日)の同10位ダニール・メドベージェフ(ロシア)戦だった。1セットダウンの第2セット、4-5で迎えたメドベージェフのサービング・フォー・ザ・マッチだ。

 メドベージェフのサービスから始まったラリーは、メドベージェフがネット際に出たティアフォーをロブで後方に追いやると、今度はドロップでネット際に走らせ、主導権を握る。しかし、ティアフォーが懸命に走って広い、これをドロップでやり返す。逆にメドベージェフがネット際に引き出され、なんとか拾ったが、ティアフォーの守備範囲内へ。

 機敏に反応したティアフォーは無人のエリアにボレーを返す。決まった――。確信したティアフォーは相手コートに背を向け、走りながらボールガールを指さし、タオルをもらう仕草を見せた。しかし、観客は見ていた、ラリーがまだ終わっていないことを。猛然と戻ったメドベージェフはバックライン際でなんとか追いつくと、懸命に打ち返した。

 ボールはポイントを誇示したティアフォーをよそに綺麗にコートにイン。「まだプレーは続いてるぞ」と言わんばかりにティアフォーに指さしていた観客は一斉に悲鳴を上げ、そして、頭を抱えた。その状況と自分のコートに返ってきたボールで事態を察したティアフォーはタオルを手に持ったまま、壁に突っ伏し、やってしまったことを受け入れられないようだった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集