[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、彼は股下を通したのか― 米マイナー遊撃手の“最短距離”グラブトスが話題

なぜ、彼は股下を通したのか――。米大リーグの2Aの試合で遊撃手が“最短距離”のスーパーグラブトスを披露し、MLBの動画紹介コーナー「Cut4」が公式ツイッターで動画付きで紹介。大きな話題を呼んでいる。

2Aの遊撃手が二度見必至のスーパーグラブトス…「Cut4」が動画付きで紹介

 なぜ、彼は股下を通したのか――。米大リーグの2Aの試合で遊撃手が“最短距離”のスーパーグラブトスを披露し、MLBの動画紹介コーナー「Cut4」が公式ツイッターで動画付きで紹介。大きな話題を呼んでいる。

 思わず二度見したくなるようなプレーを演じたのは、ビンガムトンの遊撃手、ルイス・ギギョルメだった。

 ハリスバーグ戦の6回の守備。無死一塁で大きくバウンドした打球が二遊間へ飛んできた。ここでギギョルメは目にも止まらぬ速さでベース後方のボールに追いついて捕球。すると、次の瞬間に驚きの行動に出た。

 なんと右翼方向に走りながら、素早く股下を通して二塁へトス。カバーした二塁手は右手の素手でキャッチすると、左足でベースを踏んだ。微妙なタイミングではあったが、間一髪でアウトの判定が下された。

 上体を起こし、持ち替えてトスをしていたら間に合わなかった。その判断があったからこそ、瞬時に“最短距離”で送球できるグラブトスを選択したのだろう。

 一瞬の判断力と、それを実現させる技術力。2つの力によって生み出されたギギョルメのミラクルプレーは、2Aの試合ながら「Cut4」でも動画付きで紹介されたほど。そのプレーはメジャー顔負けと言っていいだろう。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集