[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バスケ男子代表、ラマス新体制初勝利 富樫勇樹、比江島慎のガードコンビが躍動

「各ピリオドで17点以下に抑えられた」、ラマスHCは守備に手応え

 後半に入ると、富樫と比江島のガードコンビが爆発。鋭いドライブで果敢にゴールにアタックし、効果的に3点シュートにも成功。第4ピリオドにはミスが続くウルグアイを尻目に、張本天傑、古川孝敏も得点を重ね、72-57で勝利した。

 チームに合流して2週間足らずのラマスHCは、第1戦の敗戦を受け、選手に「2、3か所修正を伝えた」という。試合の感想を求められると、「各ピリオドで(ウルグアイを)17点以下に抑えられた。オフェンスもハーフタイム後に連係が上手くいったのが今回の勝利の要因」と攻守のパフォーマンスの向上を称えた。

 16得点を挙げ、第2戦のMIP(最も印象に残るプレーをした選手)に選出された比江島も、「今回の強化試合はラマスコーチのやりたいバスケを表現するのが目的。今日はコーチが求めることが少しはできた」と手応えをのぞかせている。

「この2試合でヒントは見つけた。選手の姿勢と理解力は、日本のスタイルを探すうえで重要なファクター。ペイント内を攻めないといけないし、スペーシングの使い方も修正が必要です。まだまだ先は長いです」

 ラマスコーチはそう記者会見を締めくくった。

 日本代表は31日から8月5日までスペイン遠征を行い、8日からレバノンで「FIBAアジアカップ2017」を戦う。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer
DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集