[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 米で珍事、満塁好機で痛恨の三重殺→決勝点 ヤンキース監督「奇妙なプレー」

米で珍事、満塁好機で痛恨の三重殺→決勝点 ヤンキース監督「奇妙なプレー」

25日(日本時間26日)に行われた米大リーグのヤンキース対レッズの一戦でトリプルプレーが飛び出した。

ヤンキース加入のT・フレイジャーが古巣相手に痛恨の一打

 25日(日本時間26日)に行われた米大リーグのヤンキース対レッズの一戦でトリプルプレーが飛び出した。

 2回、ヤンキースの攻撃の場面だった。この回先頭のホリデー、グレゴリアス、ヘドリーと3連打で無死満塁の好機を作り、打席に立ったのはホワイトソックスからトレードで加入したばかりのトッド・フレイジャー。31歳はここでカウント3-1から99マイル(約159キロ)のファストボールを捉えたが、打球はバウンドしながらショートの正面をついた。

 レッズの遊撃手はここでボールを捕球後、自ら二塁ベースを踏み、そのまま一塁送球。まず併殺に仕留めた。ヤンキースはこの間に三塁走者が生還したが、二塁走者は二三塁間に挟まれ、挟殺プレーでアウトに。満塁のチャンスで痛恨のトリプルプレーとなった。

 2015年までレッズに所属していたT・フレイジャーは古巣相手の試合で痛恨の一打。この模様は米メディアも一斉に取り上げており、米ESPNは同選手が「あの時は本当に動揺したよ。信じられなかった。願わくば、2度と同じことは起きてほしくないね」とコメントしたとレポートした。また、同メディアによると「6-3-5-6」(遊撃→一塁→三塁→遊撃)のトリプルプレーはメジャー史上2度目の珍事で、得点が伴う三重殺は2006年以来だったという。ヤンキースのジョー・ジラルディ監督も記事の中で「奇妙なプレーだった」と振り返っている。

 この場面で1点を先制したヤンキースは4-2で勝利。結果的にこの1点が決勝点となっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー