[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山口茜、世界5位撃破で準決勝へ スピード持続が勝因「攻撃の機会が増えてきている」

新たな活路を見出した。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」は26日に各種目の準々決勝を行い、女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)は、2-0で世界ランク5位のP.V.シンドゥ(インド)を破り、準決勝進出を決めた。

準決勝進出を決めた山口茜【写真:平野貴也】
準決勝進出を決めた山口茜【写真:平野貴也】

ジャパンオープン準々決勝、強敵シンドゥをストレートで下す

 新たな活路を見出した。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」は26日に各種目の準々決勝を行い、女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)は、2-0で世界ランク5位のP.V.シンドゥ(インド)を破り、準決勝進出を決めた。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 両者は、前週のインドネシアオープンでも対戦。山口が決勝戦で勝利してから、わずか5日での再戦だ。シンドゥは、179センチの長身を誇り、長い腕を生かした守備と、高い打点から打ち下ろす攻撃が持ち味。2016年のリオデジャネイロ五輪と、続く17、18年の世界選手権で銀メダルを獲得している正真正銘のトッププレーヤーだ。過去5勝10敗と負け越している山口にとって、連勝は容易ではなかったが、ストレートで押し切ってみせた。

 ともに連戦で疲労が溜まる中、第1ゲームの攻防が勝敗を大きく左右した。山口は、第1ゲームの序盤で5点差を追う展開になったが、中盤以降に追撃。14オールで追いつき、相手を引き離した。山口は「リードされて少し不安になった。でも、序盤から互いにスピードを上げていて、中盤はきつかったけど、我慢してスピードを上げたままプレーして第1ゲームを取り切れたのが大きかった」と手ごたえを語った。

 1ゲーム目の逆転が響いたことは、敗者も認めた。シンドゥは「本来なら1ゲームくらいは取れたと思うけど、最初のリードを守り切れなかったのが、大きかった。彼女は、いつもどおり技術が高く、我慢強いラリーをしてきた。先週からは少し戦い方を変えてうまくいったところもあったけど、ミスが出てしまった」と敗戦を振り返った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集