[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

またリング禍 23歳のアルゼンチン人ボクサーが試合後に死去、ロシア人選手に続き

現地時間20日に行われたボクシングのWBCラテンシルバー、スーパーライト級タイトルマッチで10ラウンド戦い引き分けだったアルゼンチン出身のウーゴ・サンティジャンが、25日に脳の負傷によって死去した。海外メディアが報じている。

20日の試合、判定を待つ途中で意識を失ったウーゴ・サンティジャン【写真:AP】
20日の試合、判定を待つ途中で意識を失ったウーゴ・サンティジャン【写真:AP】

23日にはロシアのマキシム・ダダシェフが同じく脳の負傷で死去

 現地時間20日に行われたボクシングのWBCラテンシルバー、スーパーライト級タイトルマッチで10ラウンド戦い引き分けだったアルゼンチン出身のウーゴ・サンティジャンが、25日に脳の負傷によって死去した。海外メディアが報じている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 またしても悲劇が起きてしまった。英ボクシング専門メディア「ワールド・ボクシング・ニュース」によると、サンティジャンは20日の試合でエドゥアルド・アブレウ(ウルグアイ)と10ラウンドを戦い判定に。サンティジャンは判定を待つ途中で意識を失ったという。

 すぐに医師がかけつけ、病院へ搬送。脳の緊急手術を受けていたが、25日朝に帰らぬ人となった。

 アルゼンチン出身のサンティジャンは23歳で残した戦績は19勝6敗2分。20日の試合のわずか1か月前にも試合し、判定負けしていた。

 23日にもマキシム・ダダシェフ(ロシア)が米国での試合中に負った脳の損傷が原因で死去している。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集