[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、5年2か月ぶり関西凱旋 会見で笑い誘う「関西弁でヤジられないように」

ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチ(12日、エディオンアリーナ大阪)などの公式会見が10日、大阪市内のホテルで行われ、前王者・村田諒太(帝拳)が関西に凱旋した。奈良出身の村田にとって関西での試合は、プロ4戦目の2014年5月に島津アリーナ京都で行われた、ヘスス・ネリオ(メキシコ)との10回戦で6回KO勝ちして以来となる。

村田諒太【写真:浜田洋平】
村田諒太【写真:浜田洋平】

2014年5月プロ4戦目以来の関西凱旋

 ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチ(12日、エディオンアリーナ大阪)などの公式会見が10日、大阪市内のホテルで行われ、前王者・村田諒太(帝拳)が関西に凱旋した。奈良出身の村田にとって関西での試合は、プロ4戦目の2014年5月に島津アリーナ京都で行われた、ヘスス・ネリオ(メキシコ)との10回戦で6回KO勝ちして以来となる。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 アマチュアだった高校時代は、強豪の南京都高(現・京都廣学館高)で練習に励むなど、東洋大に進学するまで関西で育った。9日の予備検診後に大阪へ移動し、同門の元WBC世界スーパーバンタム級王者・西岡利晃氏のジムで調整。サポートを受けた村田は王者ロブ・ブラント(米国)との再戦へ「今までやってきたことをリング上で出す。それだけだと思う。関西弁で応援されることが多くなると思う。タイガースを見ていてもすごいですから、ヤジられないように頑張りたい」と笑いを誘った。

 昨年10月に米ラスベガスで対戦し、王者としてV2戦に臨んだ村田は挑戦者ブラントに大差判定負けで王座陥落。失ったベルトを前に「こういう環境が有難いし、その中で結果を残すのは最低条件。大事なのはボクシングを通じてどう成長していけるか」と意気込んだ。

 ブラントは2月に初防衛成功。大阪に乗り込み「本当にいい気分。自信を持ってこの記者会見に臨んでいる。世界王者としての試合で大きな期待を背負っているし、勝つ意気込みでいる。村田選手のエンダム戦は2つとも見た。再戦はKOを狙ってアグレッシブだった。そういうスタイルで来ると思うが、私がKOされることはない」と自信満々に話した。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集