[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボールを押すだけ!? 二塁手の“超速グラブトス併殺”に米唖然「これは尋常じゃない」

内野手の巧みなプレーの一つといえば、グラブトス。しかし、米大リーグで飛んできたゴロを二塁手がグラブで掴むことなく、そのまま押し出すようにして遊撃手へトス。見事に併殺を完成させるという超絶美技が炸裂した。見る者の度肝を抜く“超速グラブトス”の瞬間をMLBが動画付きで公開。「これは凄い」「最もスムーズなプレー」「尋常じゃない」と米ファンを唖然とさせている。

コルテン・ウォン【写真:Getty Images】
コルテン・ウォン【写真:Getty Images】

カ軍ウォンが白球を掴むことなく、押すだけで…米ファン「最もスムーズなプレー」

 内野手の巧みなプレーの一つといえば、グラブトス。しかし、米大リーグで飛んできたゴロを二塁手がグラブで掴むことなく、そのまま押し出すようにして遊撃手へトス。見事に併殺を完成させるという超絶美技が炸裂した。見る者の度肝を抜く“超速グラブトス”の瞬間をMLBが動画付きで公開。「これは凄い」「最もスムーズなプレー」「尋常じゃない」と米ファンを唖然とさせている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 ゴロはしっかり捕って、相手に投げる。そんな常識を覆すようなプレーを演じたのは、カージナルスのコールテン・ウォン内野手だった。23日(日本時間24日)のエンゼルス戦、4回無死一塁の場面だった。打者のカルフーンが元巨人マイコラスの変化球を引っ掛け、二塁右へゴロを放った。これに反応したのが、ウォンだった。

 やや一塁側に寄っていたウォンは猛チャージで打球に追いつくと、そのまま左手を差し出した次の瞬間だ。走りながら、まるでグラブの土手に当てるようにして、そのまま遊撃手へトス。ボールを全く掴むことなく、正確にボールを送り、二塁封殺すると遊撃手のデヨングから一塁へ送られ、間一髪で併殺を完成させてみせた。

 信じられないような美技の瞬間をMLB公式インスタグラムは「コールテン・ウォン:厄介な問題を扱うプロ」とつづり、動画付きで公開。目の当たりにした米ファンも唖然とした声を上げている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集