[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平同僚、右翼からの150キロ超“キャノン送球”に米喝采「凄い才能の持ち主だ」

米大リーグ、エンゼルスの右翼手ブライアン・グッドウィンが豪快なレーザービームで沸かせた。右翼から150キロ超の送球で三塁走者を刺すシーンを、チームが公式インスタグラムに動画付きで公開。これぞメジャーというべき鬼肩にファンからは「何てキャノンだ」「超ヤバい!!」などと拍手が送られている。

ブライアン・グッドウィン【写真:Getty Images】
ブライアン・グッドウィン【写真:Getty Images】

エンゼルス右翼手グッドウィンの超送球が話題

 米大リーグ、エンゼルスの右翼手ブライアン・グッドウィンが豪快なレーザービームで沸かせた。右翼から150キロ超の送球で三塁走者を刺すシーンを、チームが公式インスタグラムに動画付きで公開。これぞメジャーというべき鬼肩にファンからは「なんてキャノンだ」「超ヤバい!!」などと拍手が送られている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 マルチ安打を記録した大谷のチームメートが、肩で魅せた。エンゼルスが1点を追う3回1死三塁。トミー・パームの打球は右翼へ飛んだ。タッチアップには十分な飛距離だ。グッドウィンは定位置から前進し、助走をつけながらキャッチ、そして強肩を発動した。

 右腕から放たれたボールは捕手のミットにストライクで収まるノーバウンド送球。本塁を狙ったオースティン・メドウズを悠々と仕留めたのだ。

 グッドウィンの見事なレーザービームを、エンゼルスは公式インスタグラムに「ブライアン・グッドウィンの時速94.2マイル(約151キロ)の送球」と題して動画付きで公開。ファンからは拍手が送られている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集