[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

セリーナ騒動、過去の言動に海外メディア脚光 大坂戦は「スポットライト盗んだ」

全米オープン決勝、大坂戦は「スポットライトを盗んだのだ」と指摘

 2003年の全仏オープンのジャスティン・エナン(ベルギー)戦で度重なる遅延行為に加え、対戦相手と主審を睨み付ける行動から観衆から大ブーイングを受けたこと、2009年の全米オープン準決勝のキム・クライシュテルス(ベルギー)戦でフットフォルトを宣告されると激怒して審判に2度も激しく詰め寄り、この試合2度目の警告で敗退が決まったことなどが記されている。

【特集】“没頭力”が唯一無二の武器 競技歴6年、世界一の裏にある「飽きない」力 / スケートボード・四十住さくらインタビュー(GROWINGへ)

 さらに、昨年の全米オープン決勝で大坂なおみ(日清食品)と戦った試合についてもクローズアップ。劣勢の試合展開でスタンドのコーチから指導を受けたことで警告を受けると逆上し、主審に暴言を吐き、ラケット破壊などの行動に出た。表彰式でブーイングが鳴り響き、大坂が涙する異様な雰囲気となった試合後には「性差別」を主張したことも紹介されている。

 当時について「彼女は自分の拙いプレーを性の問題に無理やりすり替えたことは明らかだ。彼女は選手からスポットライトを盗んだのだ」と記している。37歳にして今なお、第一線で走り続けるセリーナ。その強さの裏側で、過去の言動が今回の一件によってクローズアップされてしまった。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集