[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NYで生まれた珍美技!? 外野手の華麗ジャンピング送球に米喝采「ジーターが右翼に??」

野球のジャンピングスローといえば、遊撃手が反転して一塁送球する際に繰り出すなど、内野の華のプレーの一つ。しかし、米大リーグで外野手が果敢にジャンピングスローを繰り出すシーンが発生した。MLBが実際のシーンを動画付きで公開し、「デレク・ジーターが右翼に??」「彼は内野手になりたいんだ」「彼は自分のポジションを忘れている」と話題を集めている。

パドレスのハンター・レンフロー【写真:Getty Images】
パドレスのハンター・レンフロー【写真:Getty Images】

NYで生まれた珍美技? パ軍右翼手が魅せる送球、米ファン「ジーターが右翼に??」

 野球のジャンピングスローといえば、遊撃手が反転して一塁送球する際に繰り出すなど、内野の華のプレーの一つ。しかし、米大リーグで外野手が果敢にジャンピングスローを繰り出すシーンが発生した。MLBが実際のシーンを動画付きで公開し、「デレク・ジーターが右翼に??」「彼は内野手になりたいんだ」「彼は自分のポジションを忘れている」と話題を集めている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 内野手のお株を奪うようなプレーを演じたのは、パドレスのハンター・レンフロー外野手だ。29日(日本時間30日)のヤンキース戦、0-3で迎えた2回1死の場面。打者のメイビンが放ったライナー性の打球は右中間へ。これを処理したのがレンフロー。鋭いチャージで悠々と追いついた。シングルヒット。そう思った次の瞬間だった。

 レンフローは捕球した勢いのまま、センター方向に体が流れていたが、細かいステップで踏み切ると跳び上がり、鋭く内野へ送球。二塁打を警戒するべく、華麗なジャンピングスローを演じたのだ。一塁走者は二塁を狙っていなかったが、外野手としては珍しいシーンとなり、客席からもちょっとしたどよめきが沸き起こっていた。

 ジャンプせずとも内野に送球できた気もするが、そこはメジャー。魅せるプレーの一部始終をMLB公式インスタグラムが「ローマではローマ人のように振る舞え」とユーモアを交えてつづり、「郷に入っては郷に従え」ということわざとともに、実際のシーンを動画付きで公開した。するとコメント欄で米ファンも喝采を送っている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集