[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 体格、疲労蓄積、ライバル… 錦織敗退を英紙分析「グランドスラムでの限界」

体格、疲労蓄積、ライバル… 錦織敗退を英紙分析「グランドスラムでの限界」

男子テニスのウィンブルドン3回戦で、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同19位ロベルト・バウティスタ・アグートと対戦し、4-6、6-7、6-3、3-6で敗れた。試合前まで4戦全勝だった相手に白星をあげられず、今季はいまだタイトルなしの日本のエースに対し、英紙「インディペンデント」は「グランドスラムでの限界」と報じている。

ウィンブルドン3回戦、アグートに1-3で敗戦…ラケットを投げつける場面も

 男子テニスのウィンブルドン3回戦で、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同19位ロベルト・バウティスタ・アグートと対戦し、4-6、6-7、6-3、3-6で敗れた。試合前まで4戦全勝だった相手に白星をあげられず、今季はいまだタイトルなしの日本のエースに対し、英紙「インディペンデント」は「グランドスラムでの限界」と報じている。

 第3コートで行われた試合は、3時間21分の死闘となった。2セットを連取され、追いかける展開を余儀なくされた錦織は、ダブルフォルト7本、アンフォーストエラー48本を記録(アグートのダブルフォルト3本、アンフォーストエラー29本)。最終セットの第6ゲームには、苛立ちからラケットを投げつける場面もあった。

 自滅のような形で16強進出を逃し、今季まだツアーで優勝できていない錦織について、英紙「インディペンデント」電子版は、「ウィンブルドン2017 ケイ・ニシコリの敗北はこのレベルでの彼の限界を露呈した」と特集している。

 記事では、まず錦織の持つ才能を評価。「IMGアカデミー出身者で、ケイ・ニシコリほどの才能の持ち主はほとんどいなかった。彼は素晴らしいショットメーカーで、素晴らしいストロークの持ち主。ほとんど誰よりも早くボールを見極め、動作も美しい。この男は疲れた足でもコート中を飛ぶように移動し、バレエダンサーのような動きを見せる」と賞賛している。

 ただその一方で、錦織は厳しい足かせをかけられているという。同紙は「今日の試合での残酷な真実は、ケイがフィジカル的な部分でほぼ毎回苦しんでいる」と分析。錦織の身長178センチ、体重75キロというデータを紹介し、「もっと体の大きな相手と戦わなければいけない」と報じている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー