[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「こんなの今まで見たことない」! 米MMAで戦慄の“720度回転KOブロー”が大反響

米総合格闘技のベラトールMMAで衝撃のKOシーンが話題を呼んでいる。11年ぶりにMMAのリングに上がった39歳のベテランファイターが相手の目の前で2回転した直後に繰り出した右のフックで痙攣させるシーンを米メディアが動画で公開。目の当たりにした現地ファンからは「こんなの今まで見たことない」「見るのを止められない」などと驚きの声が続出している。

ベラトールMMAで衝撃のKOシーンが生まれる(画像はスクリーンショット)
ベラトールMMAで衝撃のKOシーンが生まれる(画像はスクリーンショット)

11年ぶりに総合のリングに上がった39歳が衝撃KO演出

 米総合格闘技のベラトールMMAで衝撃のKOシーンが話題を呼んでいる。11年ぶりにMMAのリングに上がった39歳のベテランファイターが、相手の目の前で2回転した直後に繰り出した右のフックで痙攣させるシーンを米メディアが動画で公開。目の当たりにした現地ファンからは「こんなの今まで見たことない」「見るのを止められない」などと驚きの声が続出している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 まさに衝撃、まさに戦慄のKOシーンだ。現地時間4日に行われたベラトールMMAの英国バーミンガムでの興行。主役はレイノルド・ダニエルズだった。地元英国のウィルカー・バロスと対戦したダニエルズ。1ラウンド残り30秒の場面で回し蹴りで一度、ダウンを奪うと、すぐに立ち上がった相手に対し、跳び上がって2度回転。蹴りを繰り出すかと見せかけたフェイントで相手にガードを取らせると、今度は意表を突く右フックを繰り出し、見事にテンプルにクリーンヒットさせた。

 崩れ落ちるバロス。もろに食らってしまったようで、痙攣したまま戦闘続行不可能に。レフェリーが試合を止め、ダニエルズが勝ち名乗りを受けた。

 現在39歳のダニエルズ。キックボクシングを主戦場にし、2017年9月にカリフォルニア州サンノゼで行われた「ベラトール・キックボクシング7」で優勝。一方でMMAに出場するのは2008年に敗れて以来、実に11年ぶりで2度目だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集