[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、ウィンブルドン優勝の可能性 米メディアも言及「アジア最大の希望」

テニス男子シングルス世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は、ウィンブルドン1回戦で同102位マルコ・チェッキナート(イタリア)と対戦し、6-2、6-2、6-0のストレート勝ちで好発進した。グランドスラムで唯一8強進出の経験がない“鬼門”での挑戦を続ける日本のエースに対し、米メディアはウィンブルドン優勝に向けた「アジア最大の希望」と報じている。

四大大会で唯一8強進出経験なしも、FOXスポーツは日本のエースを「希望」と特集

 テニス男子シングルス世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は、ウィンブルドン1回戦で同102位マルコ・チェッキナート(イタリア)と対戦し、6-2、6-2、6-0のストレート勝ちで好発進した。グランドスラムで唯一8強進出の経験がない“鬼門”での挑戦を続ける日本のエースに対し、米メディアはウィンブルドン優勝に向けた「アジア最大の希望」と報じている。

 錦織は初戦をわずか1時間12分で突破。ウィンブルドンで順調な第一歩を踏み出した。米テレビ局「FOXスポーツ」電子版では、「ニシコリは依然としてウィンブルドンで成功を収めるアジア最高の希望」と特集している。

これまでウィンブルドンでは、女子シングルスで1995年に伊達公子、2008年に中国の鄭潔がアジア勢としてベスト4入りを果たしている。しかし、一方の男子シングルスのアジア最高位は、錦織の“師匠”が記録したものだ。記事では、「シュウゾウ・マツオカは1995年にベスト8に進出した。猛反撃を食らうまで、ピート・サンプラスから最初のセットも手にしたのだ」と振り返っている。

 そして、「誰が2002年にロンドンとバンコクで起きた大興奮を忘れることができようか」と記し、2002年大会の2回戦で優勝候補のアンドレ・アガシを倒したタイ人のパラドーン・スリチャパンの躍進についても触れている。スリチャパンは翌03年大会の3回戦でもラファエル・ナダル(スペイン)を下すなど、英国でスリチャパン旋風を巻き起こした。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集