[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

走らない打者を見逃さず… マ軍の“頭脳的併殺”に米反響「打者をベンチに下げろ」

米大リーグで1死一塁の場面から打ち上げた内野フライに打者が走らず、これを見逃さなかった守備陣が咄嗟にバウンドさせ、併殺を完成させるという頭脳的ゲッツーが発生。実際のシーンを球団が動画付きで公開すると、米ファンに「何が起こったんだ?」「今年最高の出来事だ!」「打者はベンチに下がるべき」と喝采と反響を呼んでいる。

マリナーズのリオン・ヒーリー【写真:Getty Images】
マリナーズのリオン・ヒーリー【写真:Getty Images】

打者の緩慢プレーを突き、わざと落球でゲッツー完成「今年最高の出来事だ!」

 米大リーグで1死一塁の場面から打ち上げた内野フライに打者が走らず、これを見逃さなかった守備陣が咄嗟にバウンドさせ、併殺を完成させるという頭脳的ゲッツーが発生。実際のシーンを球団が動画付きで公開すると、米ファンに「何が起こったんだ?」「今年最高の出来事だ!」「打者はベンチに下がるべき」と喝采と反響を呼んでいる。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 球場の誰もが驚いた。19日(日本時間20日)、マリナーズ―エンゼルスの一戦。3-3と同点で迎えた8回、エンゼルスの1死一塁の攻撃の場面だ。ボーアがフライを打ち上げた。一二塁間に上がった飛球は、引っ張りを警戒したシフトのために位置していた三塁手ヒーリーが捕球態勢に入る。2アウトか。そう思った次の瞬間だ。

 ヒーリーはグラブを出すことなく、バウンドさせた。なぜなら、打者のボーアが走ることなく、引き揚げようとする姿を見ていたからだ。ヒーリーは余裕を持って拾い上げ、遊撃手に送球。これで一塁走者は封殺となり、続けて一塁に転送し、打者のボーアもアウトに。頭脳的かつ変則的な「5-6-3」の併殺が完成したのだ。

 ルール上、1死一塁ではインフィールドフライが宣告されない。怠慢プレーをきっちりと突かれたボーアはバツの悪そうな顔を浮かべ、ベンチのオースマス監督は「何をやっているんだ」と言わんばかりに呆然とした表情を浮かべた。

 マリナーズ球団公式インスタグラムは「三塁手へのゴロアウトで5-6-3のダブルプレー、きっと気に入るだろう」と実際のシーンを動画付きで公開すると、マリナーズファンはしてやったりの心持ちで、続々とコメントを寄せている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集