[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

160キロの衝撃― 巨漢左腕の“動きすぎる直球”にMLB驚愕「普通こんな風に動かない」

米大リーグで体重111キロの巨漢左腕が99.4マイル(約160キロ)の剛速球を鋭く変化させ、空振り三振を奪う圧巻のシーンが発生。実際のシーンをMLBが「99マイルの球は、普通はこんな風に動かない」と驚きをもって動画付きで公開し、米ファンを「えげつない」「この球に何ができるんだ」「反則になるべき」と唖然とさせている。

ホセ・アルバラード【写真:Getty Images】
ホセ・アルバラード【写真:Getty Images】

レイズ左腕アルバラドが投じた“直球”にファン騒然「この球に何ができるんだ」

 米大リーグで体重111キロの巨漢左腕が99.4マイル(約160キロ)の剛速球を鋭く変化させ、空振り三振を奪う圧巻のシーンが発生。実際のシーンをMLBが「99マイルの球は、普通はこんな風に動かない」と驚きをもって動画付きで公開し、米ファンを「えげつない」「この球に何ができるんだ」「反則になるべき」と唖然とさせている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 160キロに迫る剛速球が鋭く変化した。話題を呼んでいるのはレイズのホセ・アルバラド投手だ。3日(日本時間4日)のロッキーズ戦、0-0の8回から3番手で登板した。先頭から2者連続三振を奪い、迎えたブラックモンとの対戦。カウント1-2と追い込み、投じた4球目だ。セットポジションから183センチ、111キロの巨漢を揺らし、左腕を豪快に振った。

 放たれたのは左打者の膝元を突く、ストライクゾーンの剛速球。追い込まれていたブラックモンは当然、打ちにかかる。しかし、だ。ベース手前で鋭く内角に食い込む。これには打者も反応しきれず、無残にバットは空を切った。捕手が捕球したのは、ボール2個分は外れたボール球だったが、それでも160キロの速球で変化するのだから無理もない。

 MLB公式サイトによれば、99.4マイルを計測し、球種はフォーシーム(直球)と記録されている。さらに、MLB公式インスタグラムは「99マイルの球は、普通はこんな風に動かないはず」と驚きの一言とともに、動画付きで公開。目の当たりにした米ファンも唖然とし、コメント欄も騒然となっている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集