[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小林陵侑、自己最長241.5mの衝撃 海外ファン絶賛の嵐「最後尋常じゃない!!」

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子団体第6戦(ビケルスン)は16日、佐藤幸椰(雪印メグミルク)、中村直幹(東海大)、小林潤志郎(雪印メグミルク)、小林陵侑(土屋ホーム)で臨んだ日本は1530.1点の5位に終わったが、エースの小林陵が241.5メートルの大ジャンプを披露。試合後、自身のインスタグラムで実際のシーンを動画付きで公開すると、日本人ファンはもちろん、海外ファンから「最後の部分が尋常じゃない!!」「一体どうやって飛んだの?!」と驚きの声が殺到している。

小林陵侑【写真:Getty Images】
小林陵侑【写真:Getty Images】

団体フライングヒルで最長不倒の大飛躍、自身で映像公開「New personal best」

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子団体第6戦(ビケルスン)は16日、佐藤幸椰(雪印メグミルク)、中村直幹(東海大)、小林潤志郎(雪印メグミルク)、小林陵侑(土屋ホーム)で臨んだ日本は1530.1点の5位に終わったが、エースの小林陵が241.5メートルの大ジャンプを披露。試合後、自身のインスタグラムで実際のシーンを動画付きで公開すると、日本人ファンはもちろん、海外ファンから「最後の部分が尋常じゃない!!」「一体どうやって飛んだの?!」と驚きの声が殺到している。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 日の丸飛行隊のエースが、1本のジャンプで沸かせた。フライングヒルで行われた一戦、その1回目だ。

 安定した助走姿勢から鋭く飛び出し、美しい飛形をキープ。風を捉えると、なかなか落ちてこない。会場のどよめきが高まる中、最後はヒルサイズの240メートルも超え、ようやく着地。241.5メートルの圧巻の大ジャンプに場内は「オーッ!」というどよめきはおろか、笑い声も漏れたほど。それほど、インパクトは十分だった。

 この日の最長不倒。フライングヒルの自己ベストだった234メートルも更新した。2回目も237メートルと大飛躍で揃えた試合後、「New personal best 241.5m 団体戦5位」とつづり、実際のシーンを動画付きで公開。コメント欄は驚きの声が続々上がっているが、特徴的なのは日本人と同等か、それ以上に外国人が多いことだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集