[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小林陵侑、圧勝V12に欧州メディア絶賛の嵐 ファン「彼が人間かサイボーグか調べろ」

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子個人第25戦(ノルウェー・トロンヘイム)は14日、個人総合優勝を決めている小林陵侑(土屋ホーム)が合計298.4点で今季、通算ともに12勝目を挙げた。2本目には最長不倒となる141.5メートルの大ジャンプを飛んだ場面を国際スキー連盟(FIS)が動画付きで紹介し、本場の欧州メディアは「まだしてもコバヤシは無敵」「とにかく彼は規格外だ!」と絶賛の嵐。ファンからは「FISは彼が人間なのかサイボーグなのか調べるべき」と慄いている。

小林陵侑【写真:Getty Images】
小林陵侑【写真:Getty Images】

圧勝でW杯12勝目、本場から称賛相次ぐ「センセーショナル・コバヤシ」

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子個人第25戦(ノルウェー・トロンヘイム)は14日、個人総合優勝を決めている小林陵侑(土屋ホーム)が合計298.4点で今季、通算ともに12勝目を挙げた。2本目には最長不倒となる141.5メートルの大ジャンプを飛んだ場面を国際スキー連盟(FIS)が動画付きで紹介し、本場の欧州メディアは「まだしてもコバヤシは無敵」「とにかく彼は規格外だ!」と絶賛の嵐。ファンからは「FISは彼が人間なのかサイボーグなのか調べるべき」と慄いている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 この男の強さは、もはや“日常”になりつつある。小林陵は1回目に141メートルで首位に立つと、2回目に最長不倒の141.5メートルをマークして圧勝。すでに日本男子初のW杯個人総合優勝を決めていたが、ノルウェー版ジャンプ週間の「Raw Air Tournament」でさらに勝ち星を伸ばし、歴代3位のシーズン12勝目を挙げた。

 FIS公式ツイッターは「優勝:木曜日に行われたトロンヘイム大会のリョウユウ・コバヤシ2回目のジャンプ!」とつづり、優勝を決めた大ジャンプを動画付きで公開。美しい飛形からガッツポーズを炸裂させ、海外ファンから「FISはリョウユウ・コバヤシが人間なのかサイボーグなのか調べるべきだと思う」とのコメントがついた。

 また、FIS公式サイトでは「リョウユウ・コバヤシ、アンドレアス・スティエルネンのおとぎ話のような現役ラストを阻む」と見出しを打って試合をレポート。この試合で引退が決まっていた地元ノルウェーの英雄スティエルネン(2位)の有終の美を期待したファンの希望を打ち砕いて圧勝したことを伝えている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集