[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西岡良仁の歓喜が頂点に… 死闘後の振る舞いに海外脚光「心から」「この笑顔…」

テニスのBNPパリバ・オープンは11日(日本時間12日)、男子シングルス3回戦で世界ランク74位の西岡良仁(ミキハウス)が、同58位の18歳フェリックス・オジェ・アリアシム(カナダ)を6-7、6-4、7-6でフルセットの死闘の末に破り、2年ぶりのベスト16進出を決めた。ATP公式中継サイト「テニスTV」は勝利の瞬間の素直な歓喜のシーンに脚光。動画つきで公開している。

2年ぶりのベスト16進出を決めた西岡良仁【写真:Getty Images】
2年ぶりのベスト16進出を決めた西岡良仁【写真:Getty Images】

死闘制して歓喜が爆発、西岡の表情に海外注目

 テニスのBNPパリバ・オープンは11日(日本時間12日)、男子シングルス3回戦で世界ランク74位の西岡良仁(ミキハウス)が、同58位の18歳フェリックス・オジェ・アリアシム(カナダ)を6-7、6-4、7-6でフルセットの死闘の末に破り、2年ぶりのベスト16進出を決めた。ATP公式中継サイト「テニスTV」は勝利の瞬間の素直な歓喜のシーンに脚光。動画つきで公開している。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 テニス界の期待のホープを相手に2時間56分の死闘の末に破った西岡。最終セットのタイブレーク、3-5のビハインドという絶望的な状況に追い込まれてからの大逆転勝ちに感情を爆発させた。

 被っていた帽子を脱ぎ捨て、体を丸めながらガッツポーズ。そして“ヨッシャー”と雄たけびを上げた。心の底からの感情があふれ出た瞬間だった。

 テニスTVは公式インスタグラムで、歓喜のシーンを「心から」とハートマークつきでつづり映像を拡散。さらにツイッターでも試合後に満面の笑みで花道を引き揚げるシーンに「この笑顔…」のタイトルをつけてフォーカスするなど、西岡の表情に注目していた。

 海外メディアからも拍手喝采を浴びた西岡。今季初のマスターズ1000の舞台で、にわかに注目度が増している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集