[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみが「素晴らしかった」 完敗ムラデノビッチは脱帽「世界No.1相手に満足」

テニスのBNPパリバ・オープン(DAZN独占中継)は9日(日本時間10日)、女子シングルス2回戦で世界ランク1位の大坂なおみ(日清食品)が同65位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)に6-3、6-4でストレート勝ちを収めた。前回のドバイ選手権では初戦で敗れていた相手にリベンジ成功。ムラデノビッチは「彼女の調子がとても素晴らしかった」と大坂を称えている。フランスのスポーツ紙「レキップ」が伝えている。

ムラデノビッチ(左)は大坂にストレートで敗れた【写真:Getty Images】
ムラデノビッチ(左)は大坂にストレートで敗れた【写真:Getty Images】

ムラデノビッチは敗戦後に感じたこととは

 テニスのBNPパリバ・オープン(DAZN独占中継)は9日(日本時間10日)、女子シングルス2回戦で世界ランク1位の大坂なおみ(日清食品)が同65位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)に6-3、6-4でストレート勝ちを収めた。前回のドバイ選手権では初戦で敗れていた相手にリベンジ成功。ムラデノビッチは「彼女の調子がとても素晴らしかった」と大坂を称えている。フランスのスポーツ紙「レキップ」が伝えている。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 第1セットを3-6で落とした後、第2セットでは、大坂のサービング・フォー・ザ・マッチでブレークバックするなどぎりぎりまで粘った。最後は敗れたが、大坂の印象についてこう振り返っている。

「私のプレーのレベルはドバイよりも良かった。違ったのは彼女の調子がとても素晴らしかったこと」

 ドバイ選手権では大坂にミスが出たこともあり、6-3、6-3でストレート勝ち。自身のプレーレベルは当時を上回っていたと分析しているが、この日の大坂はさらにその上をいったという。

「私は彼女に対してできる最大限のことをしようとした。各セットでミスを犯し、すべきことができず、それらは私にのしかかった。けれど、私は世界ナンバーワン相手に自分のレベルのテニスをして満足している。それらはポジティブなこととして受け止めている」

 過去にトップ10入りの実績も誇る25歳。本領を発揮した大坂のパフォーマンスに脱帽の様子だった。

(THE ANSWER編集部)

3/7~18【ダゾーン独占中継】BNPパリバ・オープン

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集