[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

樋渡知樹が逆転で初V! 日本勢は島田9位、壷井14位で来季の出場枠2を維持

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(クロアチア・ザグレブ)は8日、男子フリーが行われ、日本人の両親を持つ樋渡知樹(米国)が148.82点、合計230.32点でSP2位から逆転で初優勝を飾った。ロマン・サヴォシン(ロシア)が229.28点で2位。ダニエル・グラスル(イタリア)が224.67点で3位。

世界ジュニア選手権で優勝した樋渡知樹【写真:Getty Images】
世界ジュニア選手権で優勝した樋渡知樹【写真:Getty Images】

日本人の両親を持つ19歳樋渡が逆転V

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(クロアチア・ザグレブ)は8日、男子フリーが行われ、日本人の両親を持つ樋渡知樹(米国)が148.82点、合計230.32点でSP2位から逆転で初優勝を飾った。ロマン・サヴォシン(ロシア)が229.28点で2位。ダニエル・グラスル(イタリア)が224.67点で3位。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 日本勢では冒頭に4回転トウループ―3回転トウループの連続ジャンプを決めた島田高志郎が212.78点で9位。壷井達也は195.88点の14位。来季も出場枠2を維持した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集