[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、絶好調も評価急落のナゼ 「評価は過大」と米メディアが指摘する3つの理由

6月の米プロバスケットボール(NBA)ドラフトで上位指名が期待されるゴンザガ大の八村塁。全米大学体育協会(NCAA)1部で今季1試合平均20.5得点、6.7リバウンドの大活躍で、知名度をうなぎ上りに高めているが、米メディアのドラフト予想ではよもやの評価急落となっている。

ゴンザガ大の八村塁【写真:Getty Images】
ゴンザガ大の八村塁【写真:Getty Images】

米メディアはドラフト企画で八村の予想順位を「12位」→「26位」へ下方修正

 6月の米プロバスケットボール(NBA)ドラフトで上位指名が期待されるゴンザガ大の八村塁。全米大学体育協会(NCAA)1部で今季1試合平均20.5得点、6.7リバウンドの大活躍で、知名度をうなぎ上りに高めているが、米メディアのドラフト予想ではよもやの評価急落となっている。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

「NBAドラフト2019 ザイオン・ウィリアムソンがトップに鎮座し、ルイ・ハチムラは僅かに転落」

 こう特集したのは米スポーツ専門メディア「スポルティング・ニュース」だった。

 昨年10月の企画では全体14位指名、11月の企画では全体12位指名が予想されていたゴンザガ大のエースだが、最新のランキングでは26位まで後退している。

 寸評では「ハチムラが大学バスケットボール界で、ポストシーズンにおける表彰が考慮されることは当然だ。とはいえ、彼のドラフトにおける評価は過大で、妥当性を少し欠いている」と分析している。

 ドラフト格付けで「12」も順位を下げることになった評価の理由は3つだという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集