[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、75分の快勝劇に海外続々賛辞「キャリアのベストのスタートを伸ばす」

男子テニスのABNアムロ世界テニス・トーナメントは14日(日本時間15日)の2回戦で、第1シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)は世界ランク84位のエルネスツ・ガルビス(ラトビア)を6-1、6-4のストレートで下し、準々決勝進出を決めた。わずか1時間15分での快勝劇に、海外メディアは拍手を送っている。

世界ランク7位の錦織圭【写真:Getty Images】
世界ランク7位の錦織圭【写真:Getty Images】

ガルビスにストレート勝利、海外メディアもレポート

 男子テニスのABNアムロ世界テニス・トーナメントは14日(日本時間15日)の2回戦で、第1シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)は世界ランク84位のエルネスツ・ガルビス(ラトビア)を6-1、6-4のストレートで下し、準々決勝進出を決めた。わずか1時間15分での快勝劇に、海外メディアは拍手を送っている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 第2セットのマッチポイント。最後はラリーの末、相手のリターンがアウトになり、錦織の8強進出が決定。力強くガッツポーズし、相手と健闘を称え合う。そして、スタンドのファンに応えるように両手を掲げた。充実感たっぷりの勝利だった。

 海外メディアも大会の主役の完勝をレポート。米大手スポーツ専門局「ESPN」は「ケイ・ニシコリ、ジョーウィルフリード・ツォンガが揃ってロッテルダムの準々決勝へ」と題して伝えている。

「世界ランク7位の第1シードであるニシコリは、ATPのシーズンでキャリアのベストのスタートを切り、ガルビス相手に1時間15分の勝利で締めくくった。

 日本のスターはここまで10勝1敗でシーズンを過ごしており、1か月前の全豪オープン準々決勝でノバク・ジョコビッチに唯一の敗北を喫した」

1 2 3
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集