[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花が初V! 3A決めノーミス演技でSP5位から鮮やか大逆転 三原3位、坂本4位

フィギュアスケートの四大陸選手権は8日(日本時間9日)、女子のフリーが行われ、グランプリ(GP)ファイナル女王でショートプログラム(SP)5位の紀平梨花(関大KFSC)は153.41点、合計221.99点で逆転優勝。

逆転優勝を果たした紀平梨花【写真:AP】
逆転優勝を果たした紀平梨花【写真:AP】

女子フリーで紀平が逆転優勝

 フィギュアスケートの四大陸選手権は8日(日本時間9日)、女子のフリーが行われ、グランプリ(GP)ファイナル女王でショートプログラム(SP)5位の紀平梨花(関大KFSC)は153.41点、合計221.99点で逆転優勝。SP8位の三原舞依(シスメックス)が141.97点、合計207.12点で3位。SP2位の全日本女王・坂本花織(シスメックス)が133.43点、合計206.79で4位。エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)が2位。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手 西村拳選手(GROWINGへ)

 左手薬指に故障を抱えながらも、紀平が圧巻の演技を披露した。冒頭のトリプルアクセルを綺麗に決めると、続くジャンプはトリプルアクセルの予定をダブルアクセル―3回転トウループのコンビネーションに変更したが、これも見事に降りた。

 後半もジャンプをしっかりと決め、全体を通してミスのない演技。スピン、ステップでも加点を得て、ファンから喝采が飛ぶ中で、最後は紀平自身からガッツポーズも飛び出した。満面の笑みで浜田美栄コーチとハグ。自己ベスト(154.72点)に迫る高得点をたたき出した。

 第3グループに登場した三原は完璧な演技でSPの8位から巻き返し3位。最終滑走の坂本はジャンプのミスもあり得点が伸びなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集