[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、世界11位難敵相手も… 大会公式太鼓判「日本人が主役を演じるだろう」

テニスのブリスベン国際は3日に男女シングルスの準々決勝が行われ、世界ランク5位の大坂なおみ(日清食品)は同11位のアナスタシア・セバストワ(ラトビア)と対戦する。昨年、全米オープンで頂点に上り詰めた21歳。大会公式サイトでは準々決勝をプレビュー。「日本人選手が主役を演じるだろう」と大坂の勝利を予想している。

世界ランク5位の大坂なおみ【写真:Getty Images】
世界ランク5位の大坂なおみ【写真:Getty Images】

過去1勝2敗のセバストワとの対戦をプレビュー

 テニスのブリスベン国際は3日に男女シングルスの準々決勝が行われ、世界ランク5位の大坂なおみ(日清食品)は同11位のアナスタシア・セバストワ(ラトビア)と対戦する。昨年、全米オープンで頂点に上り詰めた21歳。大会公式サイトでは準々決勝をプレビュー。「日本人選手が主役を演じるだろう」と大坂の勝利を予想している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 2019年初戦。2回戦で世界ランク247位のデスタニー・アイアバ(オーストラリア)に貫録のストレート勝ち。順当に8強入りを果たしたが、準々決勝の相手は11位のセバストワだ。昨年の全米オープンで4強入りしたラトビアの難敵との顔を合わせる。

 大坂について、記事では「昨季はテニス界に不思議な形で現れ、その名を刻みつけた。21歳は坂を駆け上がり、9月にはセリーナ・ウィリアムズを撃破して初めて全米オープンを制した」と紹介。一方の28歳のセバストワにはこう言及している。

「世界ランク11位のセバストワは2013年には怪我のため戦線を離脱していたが、2015年にカムバックを果たした。彼女は昨年のブリスベン国際で準決勝まで駆け上がり、全米オープンでは初めて準決勝に駒を進めた」

 さらには、両者が共に決勝に進むだけの力があるとした上で「しかし、木曜日のパットラフターアリーナでの戦いは日本人選手が主役を演じるだろう」と大坂が主役になると予告した。

 過去の対戦では1勝2敗と大坂が負け越している。新シーズンを占う開幕戦。持ち味のパワフルなテニスで強敵をクリアすれば、新年Vもはっきりと見えてくる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集