[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

戦意喪失で30発以上… 衝撃の“遅すぎるKO判定”に海外波紋「試合を止めろ!」

総合格闘技のMMAで戦意喪失した選手が防戦一方となったが、主審が試合を止めず。猛烈な連打を30発以上許した後、ようやくストップした判断の遅さが非難を浴びている。海外メディアが“遅すぎるKO判定”の実際の様子を動画付きで公開すると「残酷な遅さのストップ」「なんと無茶苦茶な」と波紋を呼んでいる。

試合ストップのタイミングに難しさがあるMMAの主審(写真はイメージ)【写真:Getty Images】
試合ストップのタイミングに難しさがあるMMAの主審(写真はイメージ)【写真:Getty Images】

MMAのLFAライト級王座決定戦でまさかの事態「残酷な遅さのストップ」

 総合格闘技のMMAで戦意喪失した選手が防戦一方となったが、主審が試合を止めず。猛烈な連打を30発以上許した後、ようやくストップした判断の遅さが非難を浴びている。海外メディアが“遅すぎるKO判定”の実際の様子を動画付きで公開すると「残酷な遅さのストップ」「なんと無茶苦茶な」と波紋を呼んでいる。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 選手ではなく、主審が脚光を浴びてしまったのはLFAライト級王座決定戦オースティン・ハバード―キリス・モタの一戦だった。試合はハバードが優位に展開。そして、5回を過ぎると一気に動いた。猛烈なラッシュでモタを圧倒。問題のシーンは残り1分を切ったあたりで訪れた。

 フェンス際で座り込んで防戦一方となったモタに対し、ハバードはガードの上から顔面にパンチを叩き込み、ボディーに膝蹴りを入れる。一度はモタも立ち上がったが、すぐに追い込まれて跪くと、戦意喪失した様子。全く手を出すこともできず、ひたすら連打を浴びるのみ。それでも、レフェリーは試合を止めない。

 その後もガードの上からパンチを入れ続けるハバード。実況席も騒然となり「試合を止めろ!」「これはジョークだ!」と絶叫した。30発以上打ち込んだ時、ようやく主審が試合を止めた。ハバードは「やっと終わった」とばかりに両手を広げて喜んだが、モタは座って呆然自失のまま、関係者から処置を受けていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集