[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗が3年ぶり日本一 “1年前の悪夢”を払拭「積み上げた自信を持ってできた」

昨年の悪夢を払しょくする優勝だ。3年ぶりの日本一が決まった瞬間、桃田賢斗(NTT東日本)は、両手でガッツポーズを作り、コートに跪いた。全日本総合バドミントン選手権は2日に駒沢体育館で最終日を迎え、男子シングルス決勝は、桃田が2-1(21-9、18-21、21-11)で西本拳太(トナミ運輸)を破って3年ぶり2度目の優勝を飾った。桃田は「昨年は(気合いの)声を出すのも、ガッツポーズをするのも(他人の目を気にして)、自分を出せずに負けた。今年は、何としても優勝したいという気持ちが強く、1年間で積み上げて来た自信を持ってプレーできた」と笑顔を見せた。

優勝を達成した桃田賢斗【写真:平野貴也】
優勝を達成した桃田賢斗【写真:平野貴也】

前回大会は謹慎明けの緊張感に苛まれて敗退「昨年は自分を出せずに負けた」

 昨年の悪夢を払しょくする優勝だ。3年ぶりの日本一が決まった瞬間、桃田賢斗(NTT東日本)は、両手でガッツポーズを作り、コートに跪いた。全日本総合バドミントン選手権は2日に駒沢体育館で最終日を迎え、男子シングルス決勝は、桃田が2-1(21-9、18-21、21-11)で西本拳太(トナミ運輸)を破って3年ぶり2度目の優勝を飾った。桃田は「昨年は(気合いの)声を出すのも、ガッツポーズをするのも(他人の目を気にして)、自分を出せずに負けた。今年は、何としても優勝したいという気持ちが強く、1年間で積み上げて来た自信を持ってプレーできた」と笑顔を見せた。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

 桃田は、2015年大会で初優勝。名実ともに日本一となり、翌年のリオデジャネイロ五輪へ大きな期待を受けていた。しかし、16年4月に違法賭博店の利用が発覚し、出場停止処分を受けて同年は欠場。昨夏に復帰したが、謹慎明けの緊張感に苛まれた前回大会は、準々決勝で敗退した。今大会は、優勝候補として堂々と大会に臨み、夏に世界選手権を制したハイレベルなプレーを見せ、周囲の期待に応える優勝を果たした。ファイナルゲームでは「相手の動きが完全に見えていた」と手ごたえを話したカット(ストレートへスマッシュを打つモーションから面を切り、逆サイドの手前に落とすショット)で7点目を奪取。相手が一歩も動けない、見事に逆を取るショットで世界一の技術を披露した。

 ただし、第2ゲームは、意地を見せる西本の粘りに苦しんだ。予兆は、あった。前日の準決勝、桃田は相手の常山幹太(トナミ運輸)が棄権したため試合がなく、もう一つの準決勝を観戦。「昨日、予想以上に西本のプレーのクオリティーが高く、ちょっとヤバいかもと怖さを感じた。ファイナルゲームは、飛ばしていてバテるんじゃないかと思っていたのに、最後までペースを保っていた」と脅威を感じたという。11月29日に発表された世界ランクで9位の西本は、同じ94年生まれの同期。仲間であり、ライバルだ。桃田が出場停止処分を受けた16年に優勝した西本にも意地がある。第2ゲームは、果敢に攻めて取り返した。桃田は「決勝戦のファイナルゲームは、何が起こるか分からない。なるべく行きたくない。勝ち急いで空回りした」と第2ゲームを振り返った。

 しかし、ファイナルゲームでは、力の差を見せた。最後はサーブからの3球目を渾身のクロススマッシュでたたき込んだ。世界一に輝き、日本一の座を取り戻した1年を経て、来季の五輪レースに向かう。軽率な行動で夢から切り離される苦しみを味わった男は「3年前は、試合や海外のトーナメントに出るのが当たり前と思う甘い自分がいた。今回は、色々な方に支えられてここまで来ることができた。この優勝で、支えて下さった方に一つ報告をできたかなと思う」と謙虚に話し、静かに次の目標を見据えた。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集