[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本田圭佑、鮮烈な3戦連発も“らしい言葉”で心境吐露「僕にとってフットボールは…」

海外サッカーのオーストラリアAリーグ、メルボルン・ビクトリーの元日本代表MF本田圭佑が1日、リーグ第6節ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦で3戦連発となる先制ヘディング弾をマーク。今季4点目でチームを4連勝に導いた。チーム公式ツイッターは「堂々たるフィニッシュ」と本田のファインゴールを動画付きで公開しているが、本人は「まだまだ満足していない」「大事なのは、ここにいる皆を幸せにすること」と“らしい言葉”で試合を振り返っている。地元メディアが伝えている。

メルボルン・VのMF本田圭佑【写真:Getty Images】
メルボルン・VのMF本田圭佑【写真:Getty Images】

3戦連発となる今季4点目も心境吐露「まだまだ満足していない」

 海外サッカーのオーストラリアAリーグ、メルボルン・ビクトリーの元日本代表MF本田圭佑が1日、リーグ第6節ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦で3戦連発となる先制ヘディング弾をマーク。今季4点目でチームを4連勝に導いた。チーム公式ツイッターは「堂々たるフィニッシュ」と本田のファインゴールを動画付きで公開しているが、本人は「まだまだ満足していない」「大事なのは、ここにいる皆を幸せにすること」と“らしい言葉”で試合を振り返っている。地元メディアが伝えている。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

 暑い南半球で本田の輝きが増している。0-0で迎えた前半11分だ。左サイドから裏のスペースに上がったクロスに対し、素早く走り込んだ背番号4。相手ディフェンスの裏に入り、GKの動きを冷静に把握すると、しっちりと頭で合わせ、ファーサイドに叩き込んだ。一気に熱狂に沸くスタジアム。3戦連発となる先制点の瞬間だ。本田は歓喜を爆発させ、感情を露わにした。

 チーム公式ツイッターは「華麗なパスワーク、堂々とした本田のフィニッシュ」とつづり、実際のゴールシーンを動画付きで速報した。試合も4-0と大勝。その勢いをもたらしたのは紛れもなく本田だった。しかし、高みを見据える男に満足感はない。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」豪州版によると、試合後は「まだまだ満足していない」と語った上で、心境を明かしている。

「もっと良くなれると思う。今日は僕もゴールできたし、チームは4点も決めた。それでも、まだミスが多すぎる。自分の成績は気にしていない。大事なのは、ここにいる皆を幸せにすること。僕にとってフットボールはエンターテイメントなので、ファンやサポーターを90分間を通して幸せにするのが仕事だと思っている。だから僕らはゴールを奪い、アグレッシブに攻めなければならない。全てはそのためです」

 らしい言葉で、個人としてチームとして、さらにステップアップしていくことを求めた本田。カンボジア代表の実質的な監督就任など、異例の挑戦を続ける男は立ち止まることなく、走り続ける。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集