[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ローラン・ギャロスに立つ 「もう一つの全仏」、魅惑の17歳女子高生が歓喜の初出場

ローラン・ギャロスに立つ 「もう一つの全仏」、魅惑の17歳女子高生が歓喜の初出場

テニスの全仏オープンは現地時間28日に開幕。錦織圭(日清食品)ら日本人選手の躍進に期待がかかるが、もう一つの「全仏オープン」に17歳の女子高生プレーヤーの出場が決まり、歓喜を呼んでいる。

全仏注目は錦織だけじゃない、愛知の高校生・永田杏里が全仏ジュニア初切符

 テニスの全仏オープンは現地時間28日に開幕。錦織圭(日清食品)ら日本人選手の躍進に期待がかかるが、もう一つの「全仏オープン」に17歳の女子高生プレーヤーの出場が決まり、歓喜を呼んでいる。26、27日に行われた全仏オープン・ジュニアのワイルドカード選手権決勝。日本予選を勝ち抜いた世界ランキング76位・永田杏里(愛知・南山高)が優勝し、本戦(6月4日開幕)初出場が決定。日本女子のホープは「グランドスラムの中で一番行きたかった場所」と喜んだ。

 魅惑の可能性を秘めた女子高生が、全仏の舞台でローラン・ギャロスに立つ。

 各国予選を勝ち上がった6人、男女計12人が集う今大会。日本予選を通過した永田は2日間の初日、予選リーグでインド、ブラジルの選手を下し、男子の白石光(有明ジュニアテニスアカデミー)とともに決勝に駒を進めた。

 2日目は全仏オープンの会場ローラン・ギャロスに戦いの場を移し、難敵と対峙した。

 相手は、コリー・ガウフ(米国)。12歳でジュニア・オレンジボウル国際選手権(米国)を制した実力者が繰り出す強烈なショットに苦戦しながら、相手のミスを見逃さず、得意のフォアハンドに加え、スライスショット、ロブショット、ドロップショットを多彩に繰り出し、6-4、6-4で制し、見事優勝。白石は惜しくも決勝で敗れたが、永田は全仏オープン・ジュニアの切符を手中に収めた。

 日本の17歳は「このローラン・ギャロスの地で優勝できて、とてもうれしいです」と歓喜し、試合を振り返った。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー