[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織、今季初Vあと2勝 海外メディアは薄氷の逆転勝ちを評価「恐怖を生き延びる」

錦織、今季初Vあと2勝 海外メディアは薄氷の逆転勝ちを評価「恐怖を生き延びる」

男子テニスのジュネーブ・オープンは25日、準々決勝が行われ、世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)が同62位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)をフルセットの死闘の末に2-6、6-4、7-6で4強進出。驚異の粘りでポイントを奪ったバックハンドが「グレートショット」とATP公式中継サイト「テニスTV」に動画付きで称賛されるなど、再三のピンチを跳ね返して逆転勝ちした。

ジュネーブOP4強進出、右手首痛から復調…海外メディア「痛みとともに打ち倒す」

 男子テニスのジュネーブ・オープンは25日、準々決勝が行われ、世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)が同62位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)をフルセットの死闘の末に2-6、6-4、7-6で4強進出。驚異の粘りでポイントを奪ったバックハンドが「グレートショット」とATP公式中継サイト「テニスTV」に動画付きで称賛されるなど、再三のピンチを跳ね返して逆転勝ちした。

 右手首痛から復調を示している日本のエースについて、各国メディアは「痛みとともに打ち倒す」「ジュネーブでの恐怖を生き延びた」と速報し、土壇場でのド根性を評価している。

 第1セットをいきなり失った錦織、第2セットを奪い返すと、第3セットはタイブレークでものにし、逆転勝利を果たした。

 2時間29分の死闘をものにした錦織に対して、フランス地元紙「レキップ」電子版は「ケイ・ニシコリが痛みとともにケビン・アンダーソンを打ち破る」と速報。第3セットでゲームカウント4-5とリードされて迎えた錦織のサービスゲームで、0-40という絶体絶命のピンチを迎えながら、3度マッチポイントを凌ぎ切った粘り強さを高く評価している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー