[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三原舞依を「ずっと見ていたい」 ノーミス演技の首位発進に海外喝采「心が安らぐ」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯が23日に開幕。女子ショートプログラム(SP)では、三原舞依(シスメックス)が67.95点で首位発進。注目の16歳紀平梨花(関大KFSC)は67.64点で2位、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が67.55点で3位だった。フリーは24日に行われる。ノーミス演技で好スタートを切った19歳を海外メディアも続々称賛している。

GPシリーズ第6戦フランス杯のSPで首位発進の三原【写真:Getty Images】
GPシリーズ第6戦フランス杯のSPで首位発進の三原【写真:Getty Images】

首位発進の三原を海外も続々称賛

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯が23日に開幕。女子ショートプログラム(SP)では、三原舞依(シスメックス)が67.95点で首位発進。注目の16歳紀平梨花(関大KFSC)は67.64点で2位、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が67.55点で3位だった。フリーは24日に行われる。ノーミス演技で好スタートを切った19歳を海外メディアも続々称賛している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 日本勢3人のトリを飾った三原。濃いピンクの衣装に身を包み、冒頭の3回転ルッツー3回転トウループを着氷させると、ダブルアクセル、3回転フリップも見事に決めた。シーズンベストのNHK杯で記録した70.94点には及ばなかったが、紀平、メドベージェワの“2強”を抑えて最高のスタートを決めた。

 米国のジャッキー・ウォン記者は演技直後に「ミハラのトウの回転はリアルタイムで見てもとても安定していた」とツイート。ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイドスケーティング」も公式ツイッターで「マイ・ミハラのスケーティングはずっと見ていたいくらい心が安らぐ」と安定したスケーティングを高く評価していた。

 フィギュア専門サイト「ゴールデンスケート」も「マイ・ミハラが女子フランス杯のトップランナーだ」と題してSPをレポートしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集