[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦Vの裏で脚光 演技後、美少年との“氷上のハグ”が話題「天使と妖精の再会」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が合計278.42点で優勝。ショートプログラム(SP)で世界最高得点110.53点を叩き出し、フリーは当日に右足首を痛めながら迫真の演技でGP連勝を飾った。

GP連勝を飾った羽生結弦【写真:AP】
GP連勝を飾った羽生結弦【写真:AP】

昨年も話題に…美少年フラワーキッズとの1年ぶり再会に反響「なんて優しい世界」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が合計278.42点で優勝。ショートプログラム(SP)で世界最高得点110.53点を叩き出し、フリーは当日に右足首を痛めながら迫真の演技でGP連勝を飾った。戴冠の裏で脚光を浴びたのは、SPの演技直後に可愛らしいフラワーボーイが羽生にプレゼントを贈り、羽生もハグで応じたシーン。昨年も同様に登場し、海外メディアが画像を公開して反響を呼んだが、今年も「天使と妖精の再会」などと話題を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 GPシリーズ連勝を達成した裏で、なんとも微笑ましいシーンだった。衝撃の世界最高得点を叩き出した演技直後、1年ぶりの“氷上の再会”が生まれた。

 割れんばかりの喝采とともに恒例の「くまのプーさん」の雨が降り注ぐと、フラワーキッズがリンクに出て回収に向かう。しかし、その輪から一人が抜け、観衆に応える羽生のもとに近寄っていく。金髪をなびかせた小さな少年は羽生に何やら手渡すと、これに羽生もハグで応じ、満面の笑みを浮かべていた。まるで人形のような美少年は、日本人ファンにおなじみのボロノフ君だ。

 昨年の大会も同様に羽生にプレゼントを贈り、見つめ合う様子をルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイドスケーティング」ツイッターがこうつづって画像を紹介し、話題を呼んでいた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集