[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

相手に同情!? “レブロン2世”のハエ叩き→鮮やかパスに米唖然「フェアじゃない…」

全米大学バスケットボールが本格的に開幕。金の卵たちの競演に注目が集まっているが、2019-20年のNBAドラフトで1巡目指名が有力視されるのがデューク大のザイオン・ウィリアムソン。201センチ、120キロ超の規格外のサイズから繰り出す強烈なダンクが持ち味だが、ディフェンスとパスでも圧巻のプレーを披露。米放送局が動画で公開すると、再び仰天の声が続々と上がっている。

デューク大のザイオン・ウィリアムソン(写真左)【写真:Getty Images】
デューク大のザイオン・ウィリアムソン(写真左)【写真:Getty Images】

18歳ルーキーウィリアムソンが衝撃ダンクに続きパスでも沸かせる

 全米大学バスケットボールが本格的に開幕。金の卵たちの競演に注目が集まっているが、2019-20年のNBAドラフトで1巡目指名が有力視されるのがデューク大のザイオン・ウィリアムソン。201センチ、120キロ超の規格外のサイズから繰り出す強烈なダンクが持ち味だが、ディフェンスとパスでも圧巻のプレーを披露。米放送局が動画で公開すると、再び仰天の声が続々と上がっている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 この18歳はまさに規格外だ。攻守両面にスキがない。6日(日本時間7日)に行われた、ケンタッキー大との一戦。第1クオーターには驚異のジャンプから、リングが破壊されそうな強烈なダンクを叩き込んでいたルーキーは、第2クオーターでは周りを生かすプレーでも魅せた。

 ゴール下の相手のシュートを強烈なハエ叩きでブロック。ボールを掻っ攫うと、そのままドリブル。そしてゴール前に入り込んできた味方に、素早くワンバウンドで、ピンポイントパスを通したのだ。28得点を決めたゴールだけでなく、鮮やかなアシストも記録。“レブロン2世”の名に恥じぬプレーを連発してみせた。

 ESPNはインスタグラムで「これを見た後でも、ケンタッキーを責める事ができる?」と題して動画を公開すると、再生回数は120万回を突破。フォロワーからは「なんてパス」「大丈夫!責めたりしないよ…」「フェアじゃない…」「恐ろしい!」「心が痛むほど、相手が可哀そう」などと、称賛と同時に相手チームへ同情の声が上がっていた。

 デューク大には、ウィリアムソン以外にも、キャメロン・レディッシュやR.J・バレットら、逸材と呼ばれるプレーヤーが勢ぞろい。観るものをワクワクさせる試合を続けてくれそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集