[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 精華女子が2年連続全国へ 実った試行錯誤の守備強化「一番きつい練習を笑ってやった」

精華女子が2年連続全国へ 実った試行錯誤の守備強化「一番きつい練習を笑ってやった」

高校バスケットの冬の祭典「ウインターカップ」(第71回全国高校バスケットボール選手権大会)福岡県大会は、3日にアクシオン福岡で男女の決勝を行い、女子は精華女子が82-55で東海大福岡を下し、2年連続3度目の全国大会出場を決めた。

2年連続3度目の全国出場を決めた精華女子【写真:平野貴也】
2年連続3度目の全国出場を決めた精華女子【写真:平野貴也】

東海大福岡を破り3度目の全国切符、大上HC「自分たちのリズムで試合をできた」

 高校バスケットの冬の祭典「ウインターカップ」(第71回全国高校バスケットボール選手権大会)福岡県大会は、3日にアクシオン福岡で男女の決勝を行い、女子は精華女子が82-55で東海大福岡を下し、2年連続3度目の全国大会出場を決めた。精華女子の大上晴司ヘッドコーチは「序盤から自分たちのリズムで試合をできた。インターハイの後、守備の練習をやってきた。一番きつい練習を笑ってやるようになった。リバウンドからブレイクが自分たちの色が出せる瞬間。一番強調してやってきた。最初に1年生の中園(陽菜乃)が中央から(速攻で)レイアップに行ったが、あれが良かった。練習のリズム通り。その後、3ポイント3本入ったのが、主導権を握れた要因。まず、迷わずに行ったプレーが(後につながって)良かった」と、出だしのプレーを勝因に挙げた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 精華女子は、中園陽菜乃(1年)、樋口鈴乃(2年)、矢野聖華(3年)と3人が続けて3ポイントを決めて9点を先取。その後も、大上ヘッドコーチが「攻撃は、樋口にすべて任せている。信頼しているので、僕から指示を出すことはない」と全幅の信頼を置くポイントガードの樋口を中心に攻め立てた。一方、東海大福岡は、内藤唯(2年)のドライブや井浦菜依(2年)のリバウンドなどで対抗するが、外角シュートの精度が低く、得点力が伸びなかった。精華女子は、前半を終えて42-21とダブルスコアでリード。後半も付け入る隙を与えず、相手の攻撃を抑えて逆襲で得点を重ね、試合を押し切った。

 注力してきたのは、守備の強化だ。昨年は、インターハイ、ウインターカップともに全国大会で強豪の大阪桐蔭(大阪)に敗れた。相手には、日本代表候補に選出歴のある竹原レイラ(三菱電機)がおり、マーカー以外の選手が守備を助ける組織的な守備を狙ったが、打開される展開が多くて機能しなかったため、今夏までは個々の対人能力を引き上げる方針に転向した。しかし、今夏のインターハイでは、高知中央(高知)の留学生を止められずに初戦敗退。再びゴール付近を連係して守る方針に戻した。二転三転したようにも映るが、チーム強化に欠かせない2つのポイントは、結びついた。大上ヘッドコーチは「今までは見なかった所を見られるようになって、守りやすくなった。危ないところに気付けるようになった」と個のレベルアップが連係強化に結び付いた手ごたえを語った。

 試合で活躍した樋口は、守備力強化の典型例だ。「守備が苦手で、自分のせいでAチーム対Bチームの試合でも、きん差になることがあった。ボールマンに対する守備を強化したし、トランジション(攻守の切り替え)もこだわってやってきたので、それを出せたと思う」と言葉に実感を込めた。昨年とも、今夏とも違うチーム力で冬の全国大会に挑む。目標は、ベスト8だ。樋口とともに攻撃の中心となった三浦舞華(2年)は「全然、ほっとはしていない。ここで気を抜いたら目標を達成できない。今まで以上の練習をしないといけないという気持ち。自分自身も点を決めた後にミスをしていたので、波をなくして、自分の良いプレーで得点を稼ぎたかったので悔しい」と勝利に満足せず、高みを見据えていた。全国大会は12月23日から東京で開催される。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー