[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 9.58秒超の衝撃!? ポグバの“牛歩PK助走”にボルト反応「蹴るより速く100m走れる」

9.58秒超の衝撃!? ポグバの“牛歩PK助走”にボルト反応「蹴るより速く100m走れる」

海外サッカーで助走に実に10秒をかけた“超遅PK”が発生。まるで牛歩のように蹴った模様を陸上のウサイン・ボルトが100メートルで9秒58の世界記録を打ち立てたシーンと比較した動画が海外で話題となり、ボルト本人も「ペナルティを蹴る時間よりも速く100メートルを走れるよ」とユーモアたっぷりにツッコミを入れている。

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ【写真:Getty Images】

助走に10秒をかけた珍PK、ボルトがSNSでツッコミを入れて話題に

 海外サッカーで助走に実に10秒をかけた“超遅PK”が発生。まるで牛歩のように蹴った模様を陸上のウサイン・ボルトが100メートルで9秒58の世界記録を打ち立てたシーンと比較した動画が海外で話題となり、ボルト本人も「ペナルティを蹴る時間よりも速く100メートルを走れるよ」とユーモアたっぷりにツッコミを入れている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 奇想天外なPKが話題沸騰となっている。その立役者となったのは、イングランド1部プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバだ。28日(日本時間29日)のエバートン戦、前半26分だった。味方が獲得したPKのチャンスにキッカーとして立ったのが背番号6だった。

 ボールをセットしたポグバ。そして、およそ7メートルの距離を取り、主審の笛を待った。いつものように小刻みなステップから助走を始める。しかし、なかなか進まない。10歩、20歩と踏みながら牛歩のように進み、ようやくボールに近づくと、思い切って左にボールを蹴った。

 放たれたシュートはGKにコースを読まれたが、ポストを直撃。しかし、幸運にも跳ね返ったボールが再び足元へ。これを右足で蹴り込み、ゴールネットを揺らした。肝を冷やしたシーンとなったが、助走を始めてから蹴るまで、およそ10秒。なんともじれったいPKとなり、大きな話題を呼んだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー