[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • セールの15球― 4番を跪かせた“世界一決定スライダー”に米熱狂「これは卑怯だ」

セールの15球― 4番を跪かせた“世界一決定スライダー”に米熱狂「これは卑怯だ」

米大リーグのワールドシリーズ第5戦は28日(日本時間29日)、レッドソックスがドジャースを5-1で下し、対戦成績4勝1敗で5年ぶり9度目の世界一を達成した。9回はエース左腕のクリス・セールがマウンドに上がり、15球で3者連続空振り三振に。最後の1球は相手4番が跪くほど凄まじいスライダーで決着させ、米メディアが動画付きで公開すると、米ファンに「素晴らしい1球」「これには跪くしかない」「このスライダーは卑怯」と興奮と絶賛を呼んでいる。

レッドソックスのクリス・セール【写真:Getty Images】
レッドソックスのクリス・セール【写真:Getty Images】

Rソックスのエースが9回登板、圧巻の3者連続空振り三振の幕切れ

 米大リーグのワールドシリーズ第5戦は28日(日本時間29日)、レッドソックスがドジャースを5-1で下し、対戦成績4勝1敗で5年ぶり9度目の世界一を達成した。9回はエース左腕のクリス・セールがマウンドに上がり、15球で3者連続空振り三振に。最後の1球は相手4番が跪くほど凄まじいスライダーで決着させ、米メディアが動画付きで公開すると、米ファンに「素晴らしい1球」「これには跪くしかない」「このスライダーは卑怯」と興奮と絶賛を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 こんな憎らしい1球の幕切れがあるのか。9回のマウンドに上がったのは今季12勝を挙げたエース左腕セールだった。すると、ターナー、エルナンデスを空振り三振に。そして、迎えた4番マチャドもカウント1-2と追い込んだ。あと1球――。球場のファンは総立ちとなり、全米のファンが固唾を呑んで見守った次の瞬間だ。

 鋭い眼光で打者を睨み、サイドから腕が出てくる特徴的なフォームで白球を投げ込んだ。ストライクゾーンに入ってくると、マチャドも打ちにかかる。しかし、ベース手前から急激に内角に食い込み、バットは空を切る。そのままマチャドは勢い余って右膝を突き、空振り三振に倒れた。何とも印象的な世界一決定の幕切れだ。

 一気にマウンド上に出来上がる歓喜の輪。圧巻の3者連続空振り三振に斬った背番号41を中心に笑顔が咲き乱れた。米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式インスタグラムは「クリス・セールがレッドソックスのために締めくくる」とつづり、“世界一決定スライダー”を動画付きで公開。すると、米ファンも大興奮だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー