[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • クレー大会51度目V 赤土で強すぎるナダル、ATPも脱帽「誰が止められるというのか」

クレー大会51度目V 赤土で強すぎるナダル、ATPも脱帽「誰が止められるというのか」

男子テニスのマドリード・オープンは14日(日本時間15日)、決勝が行われ、ラファエル・ナダル(スペイン)がドミニク・ティエム(オーストリア)を7-6、6-4で下し、3年ぶり5度目の優勝を果たした。ATP公式サイトでは「今シーズン、誰がクレーでナダルを止められるというのか?」と報じ、「クレーの帝王」の強さに舌を巻いている。

「赤土の王者」、ATP公式サイトも舌を巻く強さ「本当にエモーショナルな時間」

 男子テニスのマドリード・オープンは14日(日本時間15日)、決勝が行われ、ラファエル・ナダル(スペイン)がドミニク・ティエム(オーストリア)を7-6、6-4で下し、3年ぶり5度目の優勝を果たした。ATP公式サイトでは「今シーズン、誰がクレーでナダルを止められるというのか?」と報じ、「クレーの帝王」の強さに舌を巻いている。

 百戦錬磨の30歳が相対したのは、23歳の若手有望株ティエム。第1セットはタイブレークに持ち込まれ、計2回のセットポイントを許しながら粘り強く制すと、第2セットは最初のゲームでブレークに成功。その勢いのまま勝ち切った。

 ストレートで圧倒されたティエムも「サーブ後の彼のプレーは信じられないものだよ。とても多くのフォアハンドを駆使している。サーブ後はほとんど毎回、プレッシャーをかけられるんだ」と脱帽した。

 同サイトによると、この優勝でマスターズ1000の通算勝利数を30に伸ばし、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)と並んで史上最多タイとなった。そして、2017年に入ってからのクレーコート成績は15戦全勝、モンテカルロ、バルセロナに続く3つ目のタイトルを獲得し、赤土での強さを遺憾なく発揮している。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー