[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂、涙の途中棄権 3戦全敗で敗退確定 左太もも痛め、第1セット終了後に宣告

女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は26日、1次リーグ第3戦で世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)がキキ・ベルテンス(オランダ)に第1セット終了後に途中棄権して敗退。3戦全敗で敗退が決定した。初出場で1勝ならず、大会から姿を消した。

WTAファイナル3戦で左太もも負傷の影響で途中棄権した大坂【写真:小林 靖】
WTAファイナル3戦で左太もも負傷の影響で途中棄権した大坂【写真:小林 靖】

第2戦で痛めた左太ももの影響で途中棄権

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は26日、1次リーグ第3戦で世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)がキキ・ベルテンス(オランダ)に第1セット終了後に途中棄権して敗退。3戦全敗で敗退が決定した。初出場で1勝ならず、大会から姿を消した。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 前戦で痛めた左太ももにテーピングを巻いて出場した一戦。立ち上がり、大坂は第1ゲームでデュースとなったが、今大会初めて最初のサービスをキープ。以降は互いにキープする展開となったが、第7ゲームで4連続ファーストサーブが入らず、ブレークを許した。以降、ミスが増え始め、ワンブレイクダウンの第8ゲーム終了後にトレーナーを呼び、メディカルタイムアウトを取った。しかし、直後の第9ゲームも精彩を欠き、ラブゲームでブレークを許し、第1セットを落とした。

 その後、ベンチに戻ると涙を流し、棄権を宣言。第2戦のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)戦の試合中に左太ももを痛め、試合後は「痛いとは言いたくないけど、あまりいい感じじゃない。(体調は)体が悲鳴を上げている」と満身創痍であることを明かしていたが、体は限界だった。これで大会から姿を消し、シーズンを終えた。

(THE ANSWER編集部)

3/7~18【ダゾーン独占中継】BNPパリバ・オープン

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集