[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 指名漏れの「由伸2世」谷田成吾、野球引退を正式表明「これで終わり。後悔はない」

指名漏れの「由伸2世」谷田成吾、野球引退を正式表明「これで終わり。後悔はない」

プロ野球(NPB)ドラフト会議は25日、都内で行われ、慶大時代に「由伸2世」と呼ばれた独立リーグ・徳島の谷田成吾外野手は指名されず。これを機に野球を引退することを正式に表明した。

ドラフト指名から漏れた谷田成吾【写真:編集部】
ドラフト指名から漏れた谷田成吾【写真:編集部】

3度目の挑戦も…涙なし、今後は一般就職へ「今日、出た結果が自分が進むべき道」

 プロ野球(NPB)ドラフト会議は25日、都内で行われ、慶大時代に「由伸2世」と呼ばれた独立リーグ・徳島の谷田成吾外野手は指名されず。これを機に野球を引退することを正式に表明した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 高校、大学、社会人、すべてのカテゴリーで日本代表に選ばれた男がNPB入りが叶わず、ユニホームを脱ぐことを決めた。

 育成指名が終わる午後8時まで待っても名前は呼ばれず。全104人の指名終了後、谷田は「野球はこれで終わり。育成まで可能性を広げて待っていたけど、厳しいことは理解していた。今日、出た結果が自分が進むべき道。残念な気持ちはあるけど、もう終わりと決めていたので。道は変わるけど、新たな道で頑張るということは変わらない。後悔はないです」と涙はなく、潔く語った。

 谷田は「由伸2世」として注目を集めた慶大時代に東京六大学通算15本塁打を放ち、ドラフト上位候補に挙がったが、まさかの指名漏れ。社会人野球の名門JX-ENEOSに進んだが、昨年も指名を受けず、今年3月に退社。米大リーグのマイナー挑戦を経て、NPB入りを目指して徳島入り。直前のフェニックスリーグまで挑戦し、NPB球団との対戦で本塁打を放ったが、夢には届かなかった。

 大卒3年目の25歳。今後は一般就職を目指す。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー