[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、我慢足りず自滅 試合後に明かした敗因「今日は欲張りになり過ぎた」

大坂なおみ、我慢足りず自滅 試合後に明かした敗因「今日は欲張りになり過ぎた」

女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は22日、初出場の世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が“新旧全米女王対決”となった同6位スローン・スティーブンス(米国)に5-7、6-4、1-6で敗れ、黒星発進。残り2戦で1次リーグ突破を目指す。

試合後の会見に臨んだ大坂なおみ【写真:小林 靖】
試合後の会見に臨んだ大坂なおみ【写真:小林 靖】

ミス連発で粘り負け、リズムを狂わせた立ち上がりのブレークダウン

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は22日、初出場の世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が“新旧全米女王対決”となった同6位スローン・スティーブンス(米国)に5-7、6-4、1-6で敗れ、黒星発進。残り2戦で1次リーグ突破を目指す。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ミスから崩れ、ファイナル初勝利を逃した。大坂は要所で我慢しきれずにアンフォーストエラーが多く、リズムに乗れず。最終セットまで持ち込んだが、最後は失速。自滅に近い形で2時間24分の死闘を落とし、黒星発進となった。

 試合後の会見、大坂は「試合に勝てなかったけど、内容には満足している」と振り返った。「もっと安定したプレーができれば良かった。ちょっと守備的になりすぎた。開始いきなりブレークされ、そこから今日は欲張りになり過ぎた」と立ち上がりでブレークダウンし、本来のリズムを失ったことを敗因に挙げた。

 それでも、持ち前の明るさは失っていなかった。「次の試合はもっと楽しみながらプレーしたい、今回の教訓を生かしながら。ここに着いてからタイミングがいまいち合ってないので、早く慣れたい。負けた試合の方が学ぶことは多いので、次に何とか生かしたい」と前を向き、時折“ナオミスマイル”ものぞかせた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー