[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太、挑戦者ブラントの真の実力は!? 村田をよく知る参謀の存在は不気味

村田諒太、挑戦者ブラントの真の実力は!? 村田をよく知る参謀の存在は不気味

ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。両者は18日(日本時間19日)、試合会場となる米ラスベガスのパーク・シアターで公式記者会見に出席した。現地では村田有利の見方が広がっているが、対戦するブラントの真の実力はいかほどのものだろうか。

村田諒太に挑むWBA世界ミドル級3位のロブ・ブラント【写真:編集部】
村田諒太に挑むWBA世界ミドル級3位のロブ・ブラント【写真:編集部】

下馬評は高くないが決して侮れない挑戦者の実力

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。両者は18日(日本時間19日)、試合会場となる米ラスベガスのパーク・シアターで公式記者会見に出席した。現地では村田有利の見方が広がっているが、対戦するブラントの真の実力はいかほどのものだろうか。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 28歳のブラントのキャリアは24戦23勝(16KO)1敗。2012年にデビューし、WBC米国ミドル級王座やWBA北米ミドル級王座を獲得しているが、まだ無名に近い存在だ。ある現地の記者は「スピードと手数は豊富だが、パンチはそれほどでもない。早い回のKO勝ちは多いが、今回ブラントがKO勝ちする可能性は低いと思うよ」と話していた。

 スピードと手数を武器にするアウトボクサー。唯一の敗戦は昨年、WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)スーパーミドル級トーナメントに参戦した際に、ライトヘビー級の元2団体世界王者・ユルゲン・ブリーマー(ドイツ)に判定負け。元の階級のミドル級に戻った、今年3月の再起戦では初回KO勝ちしている。ミドル級では無敗で、キャリアでKO負けも経験もない。自身のコンディションも良さそうで、「12ラウンド戦って判定で勝ちます」とプランをイメージしている。

 侮れないのは参謀役だ。元ライトヘビー級世界王者のエディ・ムスタファ・ムハマド氏に約4か月前から師事してきた。世界王者を輩出した経験もある66歳の名伯楽は、村田のデビュー当時にラスベガスでスパーリングパートナーを紹介したこともあるという。「村田のことはよく知っている。作戦? それは土曜日になればわかるよ」と自信満々な笑みを浮かべていた。

 この日は「ムラタはとても素晴らしいファイター。プロとアマの両方で素晴らしい実績を残しているのだから」とリスペクトしつつも、「この試合は私の輝く時になるでしょう。過去一番の瞬間です」と勝利への自信をのぞかせた。さらには「ムラタのような偉大なファイターと戦う上で、あらゆる状況をイメージしてきました。対策を積んできたので自信があります」と策ありを強調。不気味さを漂わせた。

 村田にとっては勝てば次戦へ向けた展望が開ける一戦だが、それはブラントにとっても同じ。番狂わせを虎視眈々と狙っている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー